鹿児島:経営コンサルタント/『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

経営者は、“自分が一番仕事がデキル”という考えを捨てる!

2017-08-24 15:54:19 | 日記
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きまして、ありがとうございます。

最近、経営者と話す中で感じるんですが

一部の会社で(割合は多いのかもしれません)

経営者と社員の意識、行動のギャップが
さらに拡大してきた感じがします。

経営環境はさらに厳しくなり
加えて業務も高度化してきています。

そんな中で
経営者はますます忙しくなるのに
社員がついてこない状態が発生しています。

経営者もいらいらし
社員との関係も悪化してきています。

関係が悪いですから
コミュニケーションもよくありません。

人手不足で業務に支障が出て
事業を縮小した会社もあります。

社員を育てること
社員に任せることができない経営者が意外に多いです。

この忙しい中、社員を育てる、社員に任せるというのには
抵抗がありそうです。

先日、社員を育てることを
社員に任せるように提案した会社があります。

その経営者は
自分で考えて育てるようにと指示しただけです。

経営者が直接、育てることがいいに決まっていますが
経営者が忙しい中では進みません。

育てるんですから
間違っても今以上に、教えられた社員のレベルが落ちることはありません。

通常の業務時間内であれば
コストも増えません。

いい効果があります。

教える方も考えます。
また、教えると言うことで意欲も高まります。

人材不足といえども
何人かはデキル社員はいるはずです。

経営者から見て、デキルとはいえないまでも。

デキナイ社員に目が行き
ウチの社員は能力がないと思ってしまうから良くないんです。


▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

中小企業、正確には小規模企業の経営者は
多くの分野で一般社員より能力が高いんです。

当然です。だから経営者なんです。

経営者は

能力が高く、意識が高く、覚悟ができており

その上で

いろいろな経験をしています。
任せないから経験ができます。失礼ですが。

失敗や成功体験の数が違います。

一般社員はその逆です。

能力・意識も低い上、経験も積んでいません。

当然、経営者以上には仕事はできないんです。

自分(経営者)が、“一番仕事ができる”という考えを捨てることです。
一旦、現在の社員の業務の質に妥協すべきです。現状を受け入れるべきです。

その後、レベルアップを図るという考えで。

忙しくて時間がないと考えている経営者は

教えることをデキル社員に任せ
教え方をアドバイスすべきです。

教えることだけでなく
業務の効率化なども任せてみてはどうでしょうか?

アドバイスをする中で
デキル社員(教育担当)とコミュニケーションをとりますから
関係も良くなります。信頼関係も増します。

今度は、忙しさの原因となっている
経営者自身の仕事を任せればいいんです。



最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


ご感想をお願いいたします。kaigiken_kagoshima@po2.synapse.ne.jp


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら

コメント