『会議研かごしま』/「会議力向上」で組織変革・経営改善をめざす/中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

コミュニケーションの良い会社には「仕掛け」がある、「仕組み」がある。

2016-09-28 19:35:07 | 日記
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修
「会議研かごしま」はA・F・C経営が運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質が
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」に変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コミュニケーション能力は人によって様々です。

社交的でよく話す人。

こちらから話しかけない以上話さない人。

冗談が通じないほどまじめな人。等

育った環境等がそうさせているのでしようが
コミュニケーションの不足がいろいろな問題を
発生させます。

コミュニケーションの重要性が分かっていても
うまくいかないのがコミュニケーションです。

社員数40名くらいのある建設会社の経営者は
夕方、社員が会社に返ってくる時間になると
都合のつく限り社員の休憩室にいます。

そこには

施工中、施工前のすべての工事の
工期、機械、人員配置等が
一目でわかるホワイトボードがあります。

経営者がホワイトボードを見ながら社員に指示等を
出すのは当然なのですが
社員もいろいろ経営者に話しかけています。

この会社の経営者はコミュニケーションの重要性を
よく認識されています。

仕事に関することもそうですが
その他のことも自然に話しています。
お互いに。

顔を突き合わせていれば
自ずとそうなります。

この会社では自然にコミュニケーションをとる仕組みが
出来ているのです。

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

業務日報の作成・提出が社内のネットワークを介して
という会社も多いと思います。

上司と部下がネットワークを介して
緊密なコミュニケーションを取れればよいですが
なかなかそうはいきません。

やはり直接、人と人が接するコミュニケーションに
勝るものはないと思います。

そのようなコミュニケーションをとる機会が少ないから
信頼関係が構築できず
『会議』でも意見が出ないし
表面上だけのコミュニケーションになってしまいます。

「ほう・れん・そう」の重要性は
昔からよく言われます。

これのもつ本来の意味とは別に
「ほう・れん・そう」のもつ意味は大きいものがあります。

そうです。

毎日、「ほう・れん・そう」を行う場を持つことにより
上司と部下ともに
コミュニケーションの訓練になるということです。

毎日、直接接して話す。
すると
お互いに話しやすくなる。信頼が増す。
コミュニケーションの質が高まるという訳です。

お互いに直接話す機会が少ないから
コミュニケーションがうまくいかないのです。

解決策は
強制的に話す場をつくる
ことです。

仕事をテーマに話せば話題はあるはずです。

最初は話す量は少ないかもしれませんが
だんだん増えてきます。

そしてお互いの信頼関係も増してきます。

ただ待っていても
コミュニケーションはよくなりません。

※業種、内容等は、実際の企業のものと一部異なります。


ホームページアドレス

コチラからお願いします


コメント