楽しい英会話の世界 by Kagoshima artists.

鹿児島在住の元英語教師が、親子の会話やお仕事で使う英語、方言や日本語学研究をご紹介。よみがなには、カタカナを使用します。

どうすることも出来ない障害者のみなさんを助けてください

2018-08-01 21:35:36 | 障害者
どうしたらいいのか、本当にわかりません。

障害者は特典があるという人がいて

何か得をしているかのように

まるで憎しみさえ、感じている人が

案外、沢山いる。

頑張ればどうにかなるなら、死ぬ気で頑張りたいけれど

爪が割れて、打撲傷と擦り傷で血が吹き出しても、何でもないよという顔で

きっと空を仰いでも、悠々と軽々と飛び越えて追い付けないスピードで消えてしまう。

何日も治らない傷は、夜も眠れないほどうづき、
腫れ上がり、腐れたような膿をだして臭い。

糸をひく傷口はいつまでもパックリと大きく空いてる。

死にはしない。ただ、痛いだけ。邪魔くさいと、睨むように見て
ため息を疲れ、うんざりされ、ただ情けないだけ。
バカらしくなっていく。。。


でも、どうすることも出来ない。
ただ、痛くて、辛いだけ。
安全な空で、景色のように眺めている方がいい。

私はそこで走る主人公。少し急いだら追い付ける。

広い空の上から、あの場所に笑いながら手をふり、
子供を抱き上げて、ニッコリ笑うの。

走りながらおいかけっこをして、笑い転げるの。
それはみんな童話の世界なの。

うんとおめかしをして、素敵なドレスを着て、王子様が膝間づいて
お花を差し出すの。

嬉しくて嬉しくて飛び付くの。それも童話の世界なの。

みんな、叶わなかった。
それは私にはないこと、だった。

そんな人もいるのよ。それが、私。

なんだか、すごく疲れているの。もうすぐ死ぬのだから。
それも、もう跡形もなく全部消えてしまうんだ。
とても疲れているの。

もうーがんばるの、疲れちゃいました。
これは現実なの?それとも、体が不自由に生まれた夢?
目が覚めたら家族に囲まれて友人に誘われて、恋人に御主人様に守られて眠れるの?

ああ、あの障害者達が乗せられたバスに、私も乗って、
施設に作業をしに通っていたんだ。
何もすることもなくて誰も会いに来ない、ひとりぼっちの生活保護と
施設に往復する毎日は、悪い夢だったようで、いつまでも覚めない現実だったから

どうすればいいのか、どうしたら良かったのか
これからどうしたらいいのか、もう何も考えたくないと
思うときもあるけれど。

とにかく疲れていて、何も考えたくなくて。明日のことも、将来のことも
考えたくなくて。

そんな恐怖を何度も思い出して、目を背けたくなる。

お姫様、お目覚めですか?と7人のこびとが心配をしてくれるこのお城に
綺麗な星屑、綺麗な青空。沢山のお花畑。今は夢の中なの。
お友達は誰だっけ?恋人はどの人?私には家族はいるの?自宅には庭はあるの?
家庭菜園は何を育てているの?

気がついたら、夢はとおく、現実は思っていたこととはまるで違っている。
でも、いま、夢を描いて夢見がちにまどろんで、守られながらぐっすり眠り込んでいるわたし。これは夢?現実はどれ?

とてもとても疲れているから。今日はもう何もかも忘れて深いネムリノナカに
眠りはずっと覚めないことを信じて。
私の思い描いた場所に座り、美味しい紅茶とクッキー。
本をめくりながら、今日のいきたい場所に行ってみるの。

これは現実なの?それともこれが現実なの?いつまで続くの?いつか覚めたら
どこに戻るんだろう。そんな気持ちになんて誰もならないって思うのよね。
だって、みんな何かが劇的に変わることなんてそんなに起きないものね。
とてつもない絶望とどうすることも出来ない現実に
夢でもみたような今。どちらが夢?どちらに戻るんだろうと
頭がくらくらする。落ち着きたいのは私よ。
でも、仕方がないんだもの。他にどうにも出来ないんだもの。
なんだか、すごく眠くてとてもとても疲れて、夢なのかも現実なのかも、
明日のことも将来のことももう何も考えたくなくなって何も見たくなくて
何も聞きたくなくて。とにかく、明日、わたしは頼まれた御仕事を仕上げるのよ。
帰りに花束を飾って、真っ白なドレスをきて、ゆっくり休んで、
もうなにもかんがえないで、美味しいランチにいかなくちゃ。
だって、あれは現実でわたしはそこにいたんだし
でも今はここにいるんだもの。これが夢でもいつか終わっても、
今はこの綺麗な絵のようにわたしはただ、風に揺れる花束をみて、紅茶をのんで、
本をめくるのよ。それがいい。いま、きっとわたしはとても安心しているんだから。
明日のことも将来のことも考えるのは今はなくていいのよ。
もう一口、紅茶をのんで。ゆっくりやすんで。だって、もうおそい⏱️で。
東の空に朝日が上るのよ。東洋に住んでいる私達アジアの人は、
まだ昨日にいる西洋人より先に起きるんだから。
早く寝てしまおう。そんな明日が何回か続いていくのだもの。
とてもとてねむくなってきた。mada,水曜日。あと2日か~
ここはどこ?これは夢?とにかく、もう一口、紅茶を飲んだら、本をもうすこし
めくってみよう。ワンピース買いに行こう。きっと、この夢はもうしばらく続くのかもって。
信じてみて。
by kotoritobu
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 頑張れなくなる人逹 | トップ | 鹿児島県の内之浦宇宙センタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者」カテゴリの最新記事