かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

卑弥呼さんのことを椿の花で表現します

2019-10-15 05:11:10 | かごめかごめの真実とは

2019年10月15日(火)

「椿の種を買い取ってどうするんですか!?」


「はい、古代からの山の再生復活と、聖地神河ならではの特産物を創りたいと思います」

椿の花は、卑弥呼を表す花です。

卑弥呼は、ユダヤのお姫様でもあります。

 

生野(イヤ)のそばから、御竜車が三つ下る。

 

九里きて、栗行って、九里もどる。

 

朝日かがやき、夕日が照らす。

ない椿の禰に照らす。

 

生野の谷から何が来た。

 

恵比寿、大黒、積みや降ろした。

 

伊勢の御宝、積みや降ろした。

三つの宝は、庭にある。

 

生野の空から、御竜車が三つ下る。


堅かった椿の実がはじけると、ユダヤの紋章の形になります。

そして、月で表現したりもします。今日15日の朝の月です。

この記事についてブログを書く
« 過疎化一途の村に、明るい可... | トップ | 先週土曜日のセミナーは台風... »
最近の画像もっと見る

かごめかごめの真実とは」カテゴリの最新記事