かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

安倍文珠院

2020-02-12 06:06:06 | かごめかごめの真実とは

2020年2月12日(水)

2月8日(土)とある事情があって、これ以上は伸ばせないとの思いで、朝9時過ぎの電車で神戸からJRと近鉄を乗り継いで桜井へと行った。

桜井駅の北700mほどの場所にある粟殿座大神神社に何か手掛かりを見つける為に、駅前のタクシーに乗り込んだ。

神社を見たらすぐに帰るべく、「すみません、すぐ駅までもどりますから待っていてもらえますか」と言って、写真数枚とってすぐに車に戻った。

「駅までお願いします」と言ったものの、事前に調べた感じでは何もなさそうだったので、「すみません、市役所の方を通ってくれますか」とお願いした。

行った記念にと市役所の全景をパチリ!

        

そして、私の目に飛び込んできた道路標識の、『橿原・明日香』の文字。

私のその日の予定は、桜井駅から粟殿座大神神社へ行って引き返し、それから電車で橿原神宮前駅へと行って、そこから徒歩で久米寺へと行って帰り、電車を乗り継いで、JR京都線の長岡京駅からタクシーで乙訓寺の予定を組んでいた。

それが・・、道路標識に次の目的地点である橿原の文字を見た途端、タクシーに取り込んで運転手さんに聞いた。

「橿原神宮駅の近くに行きたいんですが、お願いできますか」とすぐさま話していた。

そして、「談山神社って近くですか」「途中、有名な神社やお寺ってありますか」と尋ねていた。

生真面目そうな運転手さんは、どこかか細い声でしたが、私の全く知らない行ったこともない場所へと連れて行ってくれた。

道中先ず案内してもらったところが、『安倍文珠院』。

 

 

この記事についてブログを書く
« 粟殿は邪馬台国の首都だった | トップ | 談山神社大鳥居 »
最新の画像もっと見る

かごめかごめの真実とは」カテゴリの最新記事