新橋 『さつま料理 かご』

新橋の居酒屋 かごのホームページ
http://shinbashi-kago.sakura.ne.jp/

永川英植の実家に行って来ました。

2010年05月18日 11時44分54秒 | Weblog
ヤクルト時代、神奈川の武山寮の同室の部屋子の英植(えいしょく)。
横浜高校の2年生で、選抜の優勝投手。1974年ドラフト1位で入団。
当時、関東の三羽烏、横浜の永川、銚子商の土屋(中日)、土浦日大の工藤(阪神)。
そして鹿実の定岡(巨人)、高校の四天王と期待されていました。
入団後は、体調不良になり退団。
一軍登板も一試合でしたが・・・・とても真面目で、明るい青年でした。
退団後は、実家の焼肉店、「火星」を継いでいましたが体調悪化で1991年の7月15日に35歳の若さで他界されました。
私も気に成っていましたが、お母さんに会ってきました。



お母さん、80歳だそうです元気にホールに出られて忙しく動き回られていました。
色んな話しました・・・・お母さんも色々と聞いてこられ、思い出されたんでしょう涙が・・・・私も思い出し・・・・涙が、若くして亡くなりましたが自慢の息子さんだった思います。
母さん見ていると英植を思い出しました、でも行って良かった。
美味しい焼肉沢山頂きました。
お母さん、帰りもタクシーが出るまで見送って下さいました。
又、お母さんに会いに行こうと思います。

今日も晴天、気温も上がっています、一時間のウォーキング終わり、ブログ更新しています。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 渋谷で「おはら祭り」沢山の... | トップ | 劇団・井出食堂 Vol・13 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感動しました。 (通りすがり from Brazil)
2010-05-19 07:44:10
ブラウン管を通してですが永川選手強いイメージが残っています、亡くなったこと知りませんでした。35歳は若すぎますね~お母さんの涙は亡くなって20年経っても息子のことを覚えてくれていて、さらに訪ねてきてくれる友人がいることをお母さんすごく嬉しかったんだと思います。しかし大将は河島英吾の唄のような優しいハートの持ち主ですね感動しました、ありがとうございます。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事