かぎろひのうた

無系譜の短歌集団として50年の歴史をもつかぎろひ誌社に参加して、かぎろひ誌社と旭川歌人クラブの活動をお知らせしたい

2016年9月号2合評

2016-10-16 22:34:41 | 仲間の歌
             抄出  清水紀久子

志とげたるのちの赤き実がチシマザクラに小さく結ぶ           下沢 風子

捨てられたセカイノオワリのチケットが小雨に濡れてぐしやぐしやになつて 桑原憂太郎

散らされて二匹の蝶は乱れ飛ぶ宗谷の風はあらあらしくて         遠藤 貞子

エレベーターの扉閉じれば静もりて皆行き先の数字見上げぐる       本間久美子

握りたる手のあと剥げし裁ち鋏「庄三郎」老いの手にひたと添ふ      佐藤嘉江子
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年10月の歌 | トップ | 2016年11月歌会の歌 »

コメントを投稿

仲間の歌」カテゴリの最新記事