同胞(はらから)

将棋に関するあれこれ
糖質制限ダイエット備忘録
B級グルメ探訪記

A secret makes a woman woman. (コナンより)

2013-09-22 10:02:02 | 詰将棋

興味を持って楽しく、そして少し難しいなんて問題は無いかと探していたら、超実戦型に出会たので少し紹介します。

振り飛車の美濃囲いを全て崩して、最終着地みたいな図になってます。

こちらは、矢倉カタブラ問題で、実戦だと見えない筋かもです。

こちらも簡単そうで、しっかり読まないと錯覚しそうな問題です。

11手ですので、間違えないでね。

実戦で良く出てきそうな手筋が、ふんだんにあり7手~11手程度を1分以内にスラスラ(途中で見えない手筋に悩むも含んで・・・・・・ですが)解ける楽しみを維持しながら取組むと、よさげまもしれない。

塚田正夫九段の作品からでした。


ヒロ君とのお稽古将棋より、最近は角交換振り飛車を大会出場時の為に練習しているが、棒銀で来るとは・・・・・ナイヤガラの滝でしょうと思うが、とがめるのも難しいのが平手の将棋で△4六歩で飛車が捌けて良いでしょうと思うも、Hageyubi先生の評価がイマイチ。

▲3五歩と来たので、待ってましたとばかりに△5五角と放ったが、これも評判悪い。(涙)

△3七銀から△4六銀と角を圧迫して、互角の判定だった。

その図を見れば、なるほどと思う。

そこで、△4六歩とは行かないで、△6三金と待機して▲3五歩と来たら△同歩▲同銀とさせてから△5五角が正解らしい。

攻めを、呼込んでの返し技。

角交換振り飛車@研究中!

 

 

Comment   この記事についてブログを書く
« 教える技より、伝える心・・... | TOP | ほほえみの公民館 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 詰将棋