同胞(はらから)

将棋に関するあれこれ
糖質制限ダイエット備忘録
B級グルメ探訪記

トキの部屋から

2020-01-19 07:47:27 | 将棋


2局目は、YOWAIが後手で、攻めて貰おうと、ゆったりした現代矢倉でスタートしましたが、一向に攻めて来なくて、やや拍子抜け感あり。

そして、美濃の金が中央に移動のバランス型にしてくる。



先手は、土居矢倉みたいになりました。
ここまで待たれると、さすがにタスマニアで、端から手を付けて開戦を挑むことになる。


この局面で、藤井総太の例の歩を放ったが、 屋根先生もハゲ先生も誉めて下さいませんでした。
何と悲しい、花いちもんめ。



この歩を発見して、やや良いのかなと思ってましたが、ソフト先生は両者とも金で取って、と金作らせても角が46六に出て良いと、おっしゃてました。
南斗白鳥拳みたいな手です。



こうなれば、おら~~~と攻めるだけで矢倉特有の習い覚えた手筋で総攻撃となりました。



詰めろ飛車取りで温泉気分が、またしても決め手を逃す始まりになる。


先手も絶望的な局面から、何とか土俵際のうっちゃりを虎視眈々と狙ってます。
角切りが怖かったので、角を取りましたが、ここでよい手があった様です。
問題図にしましょう。



最善逃しても、差が大きかったらしく、保険掛けまくりの超安全運転に切り換えて何とかゴール取りましたがなりました。

先手は、囲いの手数が少ない分、攻めの体制を作りやすいので、序盤にもう一工夫欲しい感じです。






Comment   この記事についてブログを書く
« またには真面目に | TOP | ご新規さん登場 »
最新の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。