同胞(はらから)

将棋に関するあれこれ
糖質制限ダイエット備忘録
B級グルメ探訪記

盤面を大きく見る練習@初心さらば近い子へ

2017-09-21 21:53:58 | 初心よさらば

上手の変化技が上の図です。

この図と、比べてみましょう。

王様と金の位置を入れ替えたのがキモになってます。

将棋って難しくて、これまでの手順しか知らないとここで迷ってしまう。

ノータイムで▲2四歩と来る子と、ここで長考に沈む子に別れます。

▲2四歩チームは、△同歩▲同銀△2三歩とした時に長考に沈みます。

ノータイムの皆さんOKです。

△同歩▲同銀△2三歩で長考OKです。

ここで長考チームのみなさん、「初心よさらば」近くなって来ましたね。

ノータイムの皆さんも、少し時間差だけなので、「準初心よさらば」になってます。

前の図から、この図までに指した手は3手だけです。

2対2では、攻められないから3枚にする為に3手掛けます。

▲5六歩と突いて▲7八銀と上がり、角の効きを2筋にプラスするなんて習わなきゃ指せない手ですね。

その他、良い手は有ると思われますが、盤面を大きく見られるこの方法を伝授してます。

ここら辺が指せるようになったのは、Yosiki君Yamamoto君で、もう6落ちの世界に入ってます。

習うから理解へ、ボチボチ進行中。


おまけ。

ちなみに、ここから激指先生と指導対局をしてみました。

▲5三と!と入り以下数手で激指先生投了でした。

竜や馬をブンブン振り回さず、それより足の遅い成駒(今回はと金)を前に出すように指すのが基本です。

 

Comment   この記事についてブログを書く
« 母となんと六聖拳 寿司屋へ | TOP | やさしい5手詰をすらすら »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 初心よさらば