同胞(はらから)

将棋に関するあれこれ
糖質制限ダイエット備忘録
B級グルメ探訪記

ミレの木陰に弾む声

2020-05-19 16:28:04 | 将棋

講座の基本図から、GPS先生に教えて頂きました。

▲2四歩△同歩▲5五歩△同銀▲2四角と教えの如く手は進んだが、ここで△4六歩と変化して来ました。

▲3三角成△同桂で飛車は成れるが、桂馬に逃げられて居るので▲4六同歩としましたが、飛車成らずに▲2二角も有力だった。

(イルカ先生に教えて貰いました。)

▲4六同歩と取りましたら、△2五歩と怪しい手を出して来ます。

読めばなるほどで、▲同飛に△2二飛と廻られると銀に紐がつく理屈になっています。


実力で指したのはここまで、後は日輪刀を降臨させて柱・柱で検討しながら何回も繰り返して、勝つ練習をしてみました。

何か次の一手問題みたいな局面が現れたので、会員さん向けの次の一手問題にします。

有利なので、正解手は複数有ると思いますが、ここではスカッとする手を正解にします。

 

 

 

この局面も問題図にします。

三手一組で決めて下さい。

5級~10級向けのヒントは⇒間接王手飛車が2個あるので、2個発見して、どちらが良いか考えて下さい。

 

 


Comment   この記事についてブログを書く
« これでも少しは悩んでます | TOP | 作ってみようかな »
最新の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。