同胞(はらから)

将棋に関するあれこれ
糖質制限ダイエット備忘録
B級グルメ探訪記

2019-08-14 17:10:15 | 将棋

将棋は相手が居るので、いくら自分の得意戦法と研究しても相手の出方次第では使えなくなってしまします。

居飛車屋さんは特に大変で、相手が振り飛車か居飛車かの2パターンを中心に各々の対策を知っておかないといけません。

上の図は、そんな一例でゴキ中に超急戦で銀を出して対抗する銀を4四に誘導してから、イビアナに入ろうという作戦です。

相手も美濃囲いでは堅さ負けするからアナグマに潜った展開になっています。

先手も後手も、ここら辺までは研究範囲なのでしょう。

実戦は、ここから先手が▲2四歩と指しましたが、これは後手のワーナーパイオニアだったのでしょうか。

それはそうと、自分なりに相手の出方に合わせて、自分の陣形を整える技術も有段者のスキルです。



Comment   この記事についてブログを書く
« 似て非なるもの | TOP | 地道な作業 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 将棋