同胞(はらから)

将棋に関するあれこれ
糖質制限ダイエット備忘録
B級グルメ探訪記

似て非なるもの

2019-08-14 13:58:24 | 将棋

参考値:2枚落初期配置  ソフト:やねうら王(スマホ版)  下手+1,675からスタート 

 

見慣れた風景ですが、6四と5三の金銀の配置が定跡とは逆になっています。

ここから上手は5五歩として、それを咎めて下手は銀を引くと上手は金を応援に繰り出す。


下手の▲5五歩に△5三金と引けるのが、この形の上手の主張で、ここから上手の紛れがスタートします。

 

下手も5五の位を抑えて良い感じですが、3五の銀をこれからどう使うかがポイントで、上手は、いよいよ松本伊代で壁銀解消に向かいます。

上手は紛れを求めて△6六歩としましたが、堂々と▲同歩と取って不安定だった3五の銀にも活が入った感じです。

さすがにタスマニア前の図から10手進んで上の局面。

上手はパンチを浴びながらも決め手を与えてくれません。

 

5手進み△7六金は、上手の世界が登場した感じになりました。

パンチを出したが足元が滑ってしまい重心を失う感じな手が▲7六飛でした。

7六に居た上手の歩をパックマンして、飛車成りを見せた手が悪手とは、将棋は難しいものです。

 

だいぶん紛れて来た感じですが、上手もデスラー総統(相当)無理をしているので、ここを切り抜けられるかどうかという局面になりました。

 

5手進んで下手の陣は崩されたものの、だいぶんスッキリと開けて来た感じになりました。

 この局面で、▲7六歩がソフト最善手と出ました。

実戦も同じ手を指して勝勢を確実にした感じです。

こうみると、下手は受けの棋風なのでしょうか。

この後、難なく寄せて(これも難しいです)上手を投了に追い込みました。


上手は、少々サービスゲームな気もしますが、定跡オンリーで来る子を少しの金銀配置の違いで罠を掛けたのかもしれません、。

一対一の対局で、持ち時間各々30分で秒読み有の真剣勝負で、プロを負かすのは大変ですね。


Comment   この記事についてブログを書く
« 後手有利と出ていますが | TOP |  »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 将棋