同胞(はらから)

将棋に関するあれこれ
糖質制限ダイエット備忘録
B級グルメ探訪記

ソフト指し

2019-08-12 08:02:39 | 今日の教室

研修会で、プロの先生と対峙した時の練習でした。

定跡を外すのは、勿論想定の範囲で序盤の指定局面から指し継ぎます。

こちらは、当然そんな棋力は無いので将棋ソフトに頼りますが、全てがソフト最善手にしない選択がポイントで、これで強さ調整が可能になるここと形勢悪化してる時に最善手を選んでも、効果が少なく紛れの勝負手を放つ様に人の知恵を入れています。

上の図は、下手の第一段階の仕掛けを防いだ局面です。

まだこれからの局面ですが、序盤の位確保の時点から考えると少し損をしている感じです。

どうやっても勝てる相手では無い様ですね。




さて、最終盤になりました。

こうなっては下手勝てない局面になった感じです。

こんな感じで、アマ三段クラスになると将棋教室のレベルを卒業していますので、少し前まではネット将棋(倶楽部24)等で腕を磨いて行く方法でしたが、将棋ソフトが人類を超えた現在では、いかに将棋ソフトを活用するかも大切なポイントになって来ます。

 

教室を始めた頃は、こんな事は微塵にも考えていませんでしたが、この方法なら戦形限定やライバル限定の対策が出来そうです。

 

 

 

Comment   この記事についてブログを書く
« やねうら師範の実力 | TOP | 後手有利と出ていますが »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 今日の教室