見出し画像

共生の原則

お互いの事を知りすぎて嫌になるのは内面

妻が、身だしなみをきちんとしてない、下着姿でうろうろする。
こういう妻の姿を見ると夫は萎えるのです。
いくつになっても女性の恥じらう姿は可愛いのです。
男として惹かれるのです。
一緒にお風呂に入っても、あけすけでは魅力をあまり感じないものです。
やはり男と女として、相手を美化する部分は残しておきたいものです。
夫婦である前に男と女であるのです。

妻が夫の汚い姿を見るのも嫌なものです。
爪を切って綺麗にする。
お風呂に入り清潔にする。
ある程度は妻の指摘に従う方が清潔で快適な生活になると思います。

知りすぎるのは外面よりは内面の方が奥が深いです。
お互いに歳を取り、しわが増えたり、くたびれてきたりしても、
それを理由に離婚になるということは聞いたことがありません。
知りすぎてイヤになるのは、パートナーの内面、性格や考え方なんです。

パートナーに対してだけではなく、家族や出来事に対しても、
いつも批判や否定、文句ばかり言うのを聞くのは苦痛です。
出来事に意味はないのです。
意味は自分が自由につけることができるのです。
他人や出来事をけなしたり、バカにしてばかりいる人とは一緒にいたくないのです。

片づけず家の中が汚い、約束の時間にいつも遅れる、料理の手抜きが多い。
これはままあることです。
汚い家には帰りたくないものです。
約束を守らないと信用が失われていきます。

愛や思いやりよりも効率を優先する姿勢は嫌なものです。
料理の手間を省きかつ健康に氣遣いしていないものがテーブルにのるのは嬉しくないのです。
たまにであれば受け入れられても、
それが毎日となると、逃げだしたくなるのです。
晩御飯にパスタ一皿山盛りを毎晩ドーンと出されても、
夜の炭水化物祭は嫌なものです。
お互いに思いやりを示し続けるのです。

嫌になるのは、内面、考え方です。
思いやりのない考え方が嫌になるのです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご質問やお悩み募集中です
こちらから、
 LINE(https://lin.ee/vuIMfgG)かメール(hayashi@anpark.co.jp)で。
男女関係、夫婦関係、人間関係、商売、
ビジネス、などのモヤモヤ、しんどい、
イライラに無料でお答えします。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 花粉症でお悩みのあなたに朗報です!
眠りが浅くて困っている。
 布団に入ると鼻水が出る。目がカユクなる。
羽毛布団から花粉を取り除くベストな方法!
ネットで注文し、ヤマト運輸さんに依頼するだけ!
超簡単!!
家庭用の布団乾燥機や天日干しでは、ダニや花粉が取れません。
大型機で羽毛布団や毛布を清潔キレイにします。
しかも暖かフワフワに!
羽毛布団や毛布、絨毯などの大物は、持っていくのが大変!
でも、日本全国ヤマト運輸さん営業エリア内なら集配OKです。
3,600円(税込)~沖縄8,800円(税込)集配込
https://anpark.co.jp/daikoulp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ●あなたのモヤモヤ、しんどい、イライラやお悩みの無料相談はLINE(https://lin.ee/vuIMfgG)かメール(hayashi@anpark.co.jp)まで送ってください。動画の中でお答えします。
●リモート個別相談は→https://anpark.co.jp/nakayoshi/pay.php
こちらから、「リモート個別相談」を選択し、お申し込みください。 
●メールマガジンは2種類あります
共生の原則→https://www.mag2.com/m/0001691172
共生の原則・ビジネス編→https://www.mag2.com/m/0001691173
●Facebook(共生の原則) →https://www.facebook.com/共生の原則共生パートナー林繁行-101296724876759/
●LINE→https://lin.ee/vuIMfgG
●Twitter →https://twitter.com/88shige
●繁栄株式会社公式Webサイト →http://anpark.co.jp/consul/consul_top
●代表ブログ →https://blog.goo.ne.jp/kagayakukoe
●お問い合わせやご意見・ご感想はコチラ→hayashi@anpark.co.jp
●裏ブログ→http://anpark.co.jp/ublog/archives/2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

共生とは、異種の生物が、
相手の足らない点を補いながら、
相互関係を築き同所的に
生活する現象のことをいいます。

免疫力の源ともいえる腸内細菌は、
いわゆる悪玉菌と善玉菌が
バランスよく共生した状態にあることで、
生き生きとその力を発揮します。

他人も、男と女も異なった生き物です。
お互いに自分を整え、自由で自立し、
相手を認め、協力し合うことで、
共生することができます。

そして、共生することで、
楽しくワクワクした、
感動と感謝が溢れる人生となるのです。
共生とは、和して同せずなのです。

 和とは相手を認めることから始まるのです。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「夫婦&恋愛」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事