鍼灸如何に学ぶべきか~科学的鍼灸論の構築のために~

鍼灸の理論と術にかかわる初歩的・基本的な問題を中心に科学的=論理的に唯物論を把持して説(解)いて行きたい、と思います。

「鍼灸・東洋医学学びの総括(ブログ版)」の今後の予定

2019-01-07 08:06:59 | お知らせ
昨日は、「鍼灸・東洋医学の学びの総括(ブログ版・2)」として、現代の鍼灸・東洋医学の世界では、何故に「科学化」ということに取り組まないのか、それはそもそも「科学」に対しての理解が欠けているからである、としていくらか説いた。

しかしながら、本来ならば、「科学的な=西洋医学的」な立場での鍼灸・東洋医学の「科学的」究明ということについても言及しなければならないとの思いがある。

また、「科学とは」だけでは無くて、唯物論とか観念論あるいは理論、論理、認識論、弁証法等々、つまりは学的な一般教養の中身についても言及しておく必要があるとも思う。

ブログ版・2の補足として、いずれ説きたいと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「鍼灸・東洋医学の学びの総... | トップ | 「鍼灸・東洋医学の学びの総... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お知らせ」カテゴリの最新記事