鍼灸如何に学ぶべきか~科学的鍼灸論の構築のために~

鍼灸の理論と術にかかわる初歩的・基本的な問題を中心に科学的=論理的に唯物論を把持して説(解)いて行きたい、と思います。

東洋医学の学びかた補足〜ヘーゲルの成したこと〜

2019-08-20 09:12:13 | 覚え書(2)
昨日の補足。

『精神現象学序論』からいきなり『大論理学』へ、との誤りを反省してヘーゲルは『エンチュクロペディ』の執筆、そのための世界の唯物論的把握に取り組む。(ここは、南郷先生が『学城』等で説いてくださっている。)

結果として、自身の哲学を唯物論的観念論として、常識レベルでは観念論と対極にある唯物論を自身の体系に取り込んでの観念論哲学を創出する。

同じことを、東洋医学を志す我々も為さねばならない、東洋医学は東洋医学、西洋医学は西洋医学と形而上学的(三浦つとむ)にとらえるのでは無しに、ヘーゲルの成したごとくに、西洋医学的東洋医学の構築を!と。
コメント   この記事についてブログを書く
« 現代における東洋医学の学び... | トップ | 目に見えないものを見ること... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

覚え書(2)」カテゴリの最新記事