鍼灸如何に学ぶべきか~科学的鍼灸論の構築のために~

鍼灸の理論と術にかかわる初歩的・基本的な問題を中心に科学的=論理的に唯物論を把持して説(解)いて行きたい、と思います。

体表指標、骨度法〜取穴の基礎〜

2016-11-02 09:09:47 | 覚え書
骨度法と体表指標(解剖指標と思い込んでいたが、正確には)の見直し。重要と思われるもの、見落としていたもの。

「骨度法」
頸切痕〜胸骨体下端:9寸

恥骨結合上縁〜膝蓋骨上縁:18寸

脛骨内側顆下縁(陰陵泉)〜内果尖:13寸

脛骨内側顆下縁〜膝蓋骨尖:2寸

殿溝〜膝窩:14寸

足指尖〜踵(足底):12寸

「体表指標」
第12胸椎棘突起:直立して両手を体側につけたとき、後正中線上で、肩甲骨下角とヤコビー線の中点の高さ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『男おいどん』〜人生にとっ... | トップ | 経絡経穴の暗唱・逆〜知識か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

覚え書」カテゴリの最新記事