鍼灸如何に学ぶべきか~科学的鍼灸論の構築のために~

鍼灸の理論と術にかかわる初歩的・基本的な問題を中心に科学的=論理的に唯物論を把持して説(解)いて行きたい、と思います。

過去問題・模試問題〜その学びの二つの道〜

2018-02-10 08:15:53 | 鍼灸学校での学び・国試勉強・受験勉強
鍼灸国家試験に向けて、いろんな問題、極論すれば出題が想定されるあらゆる問題を知っておく、解いてみる必要がある......のだろうか?

それとも、基本的な問題をおさえてその応用としてあらゆる問題を解ける様にそれを深めていくべきなのか?

これは手技療法術でいえば、あんまマッサージ、あるいは推拿の如くに様々な手技を習得して行って、患者を解す(治す)様になって行こうとするのか?それとも指圧の如くに基本技プラスアルファの少数の技を習得しかつ修得していくべきなのか?という問題である、と思える。

ここは南郷先生が既に武道の問題(基本技の創出と使用、あるいは組形の意義等)として説いてくださっている、と思える。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 白衣高血圧と仮面高血圧〜そ... | トップ | 『学城 第16号』発刊される〜... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鍼灸学校での学び・国試勉強・受験勉強」カテゴリの最新記事