90才まで生きてやる!

毎日楽しく生きる日刊ブログ

股関節を後ろに引いて前傾角度をキープする!

2018年10月12日 | ゴルフクラブ

「股関節を後ろに引いて前傾角度をキープする準備をしましょう。」
坂本龍楠ティーチングプロだ。
毎度お世話になっています!

ドライバーが不調の時はだいたいがこの前傾が原因だ。
ワタクシは、前傾が浅くなる傾向があるのだ。

前傾が浅くなると、クラブフェイスが開きやすくなる。
さらに、インパクトで体が伸び上がってしまうのだ。
オープンフェイスと伸び上がりのダブルミスでボールは大きく右へスライスする。
腕がわき腹にくっつくほど浅くなってしまうからだ。

問題は前傾にある。
前傾が原因で起きる問題は重大だ。

前傾は股関節を後ろに引いて構える!
だいたい手元は真下にくる。
ゴリラがダランと腕を下げたように構える、と昔読んだ本に書いてあった。

手元が下にくると、フェイスがスクウェアーになる。
腹筋を意識して、体が反らないように気を付ける。
腕がつくのは脇であって、わき腹ではない。

次はテイクバックだが、後のことはあまり考えない!
トップもダウンも考えない!
そう、「アドレスがよければすべてよし!」だからだ。
『宮崎県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 牛乳おじさん! | トップ | スイングはアドレスですべて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ゴルフクラブ」カテゴリの最新記事