90才まで生きてやる!

毎日楽しく生きる日刊ブログ

妊活=妊婦活動?

2017年11月19日 | 家族クラブ
息子ヨメは妊活に励んでいる。
「妊活」とはこの場合「妊婦活動」のことだ。

妊婦活動は二階でしてもらう予定だった。
カーテンも入れ替え、ベビーベッドと妊婦ベッドを並べた。
空気清浄機とオイルヒーターもそろえた。
すべてヨカレと思ってやったことだ。

しかし、なんか息子ヨメだけが隔離されたような感じがする。
静かなのはいいのだけれども、生活圏から離れてしまうのだ。
テレビも見れない。
人の動きも分からない。

よし、ベッドを一階に運ぼう!
伴侶と二人、ベッドをかついでヨタヨタと階段を下りた。

ベッドを1階のリビングに下ろしたのは正解だった。
歩くのがほとんどおっくうらしく、トイレの行き帰りも平面でなければタイヘンだ。
トイレは二階もウォシュレットにしたので、それはそれで対応ができていた。
しかし、一階がいい理由は目が行き届くという点だ。
何かあったらという時に気づきやすい。
「ちょっとすみません!」にも応えやすいのだ。

一階になったことでいっしょにテレビも見れるし、いっしょにしゃべれるし、いっしょに食事もできる。
生活を共有しているのだ。
みんなと過ごすことで「裏」がなくなった。
お互いによけいな心配をしなくてもすむのだ。
サポート隊も何かと便利だ。

こうして、息子ヨメの妊活(妊婦活動)は順調に進んでいる。
もういつ生まれてもいい期間に入った。
臨戦態勢は続きている。
『宮崎県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ゴルフ練習をどうするか問題! | トップ | 息子、家を買う! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家族クラブ」カテゴリの最新記事