90才まで生きてやる!

毎日楽しく生きる日刊ブログ

腕を振れ!

2018年10月07日 | ゴルフクラブ
逆から考えるという方法がある。

フィニッシュはどうなっているか?
腕は必ず体を追い越している。
体を回すことばかり考えて、そのことをおろそかにしてはいけない。

体を追い越すように腕を積極的に振ってみることだ。
そうすれば振り遅れはなくなる。

プロのスイングでは体は回っているかもしれないが、下半身はしっかりと安定している。
そうでなければボールはどこに飛んでいくかわかりません。
つまり、下半身(腰)はボールの方向性を決めるハンドルなんです。
 そして、実際にボールを打つクラブヘッドがインパクトで戻ってくるように、腕もしっかり使っています。
体から離れて動くクラブの中でも先端にあって、一番動くクラブヘッドは、どんなに体を回しても、腕を振らなければ速く動かないからです。
だから、腕はエンジン。
思い切り振る、簡単な理屈です。
 体の回転だけではいいタイミングでインパクトを迎えることはできません。
そう。振り遅れるからです。
当然ですね。
だから「Bring your arm!」なんです。
クラブを振るのはエンジンである腕。
腰はハンドル! 
これ、絶対に忘れないでくださいね。
振り遅れがてきめんになくなりますよ。
これまでの常識なんか忘れて、頭を柔軟にしてやってみてください。

コメント

ドライバーのボール位置こそ最下点!

2018年10月07日 | ゴルフクラブ

「ドライバーのボール位置は左かかとの前!」
ゴルフを始めた頃にそう教わった。

ヘッドが最下点を過ぎて、上がろうとするときにボールに当たる。
だから、ドライバーはずっとアッパーに打って来た。
疑いもなく・・・

しかし、それがスイングをくずす元凶なのだ!
ドライバーばかり練習しているとスイングフォームがガタガタになる。

スイングを壊さないやり方がある。
ボールを右寄りにする。
画像にあるとおり、ボールを最下点で打つのだ。

アイアンはダウンブローでボールの先に最下点があるが、ドライバーをちょうどその最下点で打つということなのだ。
ヘッドにはあらかじめ傾斜があるのだから、それでボールは上がっていく。

今時のクラブはそれで飛んでいくのだという。
確かに弾道はやや低くなるが、方向性がよくなる。
なによりも、アッパーに打たないのでスイングがくずれない。

ドライバーがアイアンと同じ感覚で振れる!
打つ時にあれこれ考えないですむ。
スイングではなく、攻略に集中できる。

18ホールをいかに冷静に、安定して回るか。
ボールに位置を変えるだけでそれに近づくことができる。
コメント