90才まで生きてやる!

毎日楽しく生きる日刊ブログ

ショートアプローチの20~30ヤード!

2017年11月02日 | ゴルフクラブ
今年も宮日シニアに出場した自治会ゴルフのベテランが河川敷攻略法を教えてくれた。
それは20~30ヤードのショートアプローチだそうだ。

河川敷は砲台グリーンが多く、グリーンを外すと、コロコロとグリーン下へ落ちてしまうのだ。
その距離、だいたい20~30ヤード!
それをベテランは言っているのだ。

これまでエッジからのコロガシをスタート前に練習してきた。
これも必要だ。
が、20~30ヤードも必要なのだ。
今までここが足りなかった。

10月に20~30ヤードをSWで練習した時はスコアーがよかった(83)のだ。
あれを思い出した。

ショートアプローチをワンピン以内に。
(ベテランはワンクラブ以内と言っていた)
ファーストパットをワンクラブ以内に。
(ベテランはワングリップ以内と言っていた)

確実にボギーがとれる実力をつける。
そのための20~30ヤードなのだ。
SWの振り幅9時から3時だ。
コメント

もう儲けなくていいのだ!

2017年11月02日 | 人生クラブ
「もう儲けなくていい」
「今までにたくさんの投資をしてきた」
この二つは退職後のカネまわりの基本になっている。

銀行は顧客に資金運用をするようにしつこくすり寄って来る。
銀行にたまっているカネを外に吐き出しておかなければ損をするからだ。
そういうご時世だ。
けっして顧客の身の上を心配しているのではない。
ただただ自分たちの身の上を心配しているだけだ。
人のカネを利用して金儲けをたくらむということはそういうことだ。
カネでカネを生むなどおかしな話だ。

顧客はおいしい話に気持ちがぐらつく。
儲け話に引き付けられるのだ。

「もう儲けなくていい」のだ。
「今までにたくさんの投資をしてきた」ではないか!

家に投資をした。
子どもの投資をした。
仕事に投資をした。
遊びに投資をした。
たくさんの投資をしてきたのだ。

「もう儲けなくていい」と思うだけで、うまい儲け話には乗らなくなる。
経済の動向などだれも予測できない。
みんな浮き沈みに右往左往しているだけだ。
勝利者など一人もいない。

もう儲けなくていいのだ!
「人を見たらドロボウと思え!」
コメント

実感! 第三のボール「ゼクシオ」

2017年11月02日 | ゴルフクラブ
第三のボール「ゼクシオ」についてネットで紹介されている性能はこうだ。

A:ドライバーでは球のつぶれ感が大きい。
B:しっかり叩いて飛ばせる。
C:サイドスピン量が少なく曲がりが少ない。
D:アプローチのスピン性能が高い。

Aについては実際よく分からない。

Bについては確かにこれまでの最大飛距離を更新したホールがいくつかある。
飛んでいるなぁという実感がある。
しかし、それはミートがたまたまよかったせいかもしれない。
もう少し様子を見る必要がある。

Cについてはなるほど大きく曲がるショットがなく、まっすぐ飛んでいたなぁという印象がある。
これも今回たまたまスイングがよかったせいかもしれない。
まだ油断ならない。

Dについてはよく分かる。
アプローチがことごとくショートしたのだ。
ピッチ&ランならPW2→PW1へ、PW1→9番へ、番手を一つ上げた方がいいかもしれない。
それくらいコロガリが減る。

第三のボールゼクシオは可能性を感じさせる。
なかなか性能がいいのだ。
コメント