ルビーとフーラは犬と猫

愛犬ルビーと愛猫チニタ。罰や「NO!(ダメ)」を一切使わず彼らと楽しく暮らす為の勉強をしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

沢山の飼い主さんに届きますように

2014-01-30 11:43:07 | 犬の勉強

去年の秋ごろ、チャーリードッグスクールのお仲間さんであるジ~コタ母さんからご連絡を頂き、チャーリーママさんのブログを紹介するチラシを作り始めました。

2人であーだこーだ内容を検討しあい、この度完成に至りました。

チラシ 

私がルビーを迎え時、犬とどう付き合って良いのかわからず右往左往している時に、チャーリーママさんのブログに出会って救われました。
だから今、吠えや噛みなど、色々な問題を抱えながらもワンコさんとの暮らしを頑張って続けている方、続ける為に必要な力や覚悟、仲間を求めている方が、どうかチャーリーママさんのブログに辿り着きますように。

そんな想いで作らせて頂きました。

 

犬の社会化のトレーニングを勉強してきて、今私が思うのは、

”犬の社会化”と”動物福祉・愛護”は切っても切れない関係だ、

ということです。


なぜかというと、この日本では重要な社会化期を適切な環境で過ごせる子犬が少なく(ペットショップにいる犬など)それは犬にとっての生きずらさに繋がり、その生きずらさは人間から見た問題行動へと発展することが多いからです。人間から見た問題行動というのは、吠えたり噛んだり唸ったりですね。
問題行動を矯正しようと、社会化を考慮しない強制的なトレーニングを施されて、ますます問題が深刻化する場合もあるようです。そして、その問題行動が原因で放棄されてしまう犬が動物指導センターなどに持ち込まれ、もしくは迷子になっても探されなくてセンターに行きつき、殺処分されてしまうケースが後を絶ちません。


こうやって”犬の社会化”を考えて行くと、遺棄の元栓を握る私達人間の何が間違っているかが見えてくると思います。
犬の社会化について真剣に考え行動すれば、また、人間が諦めなければ、助かる命があるのですよね。

その諦めないことのひとつとして、問題を抱えたワンコさんの飼い主さんが、その子と暮らす事をあきらめない、という事があると思います。
問題があっても、それでもその犬を大切にしたい、やっぱり自分の手元に来た犬を愛しいと思う、、そんな気持ちがどんどん育まれる・・・そんな場所がチャーリーママさんのブログだと思っています。
今現在頑張っているお仲間さん達もいっぱいいます。

どうか、沢山の飼い主さんに届きますように。 

 

* * * * * *


このチラシを、私は知人に配ったり動物病院などに置いて頂いたり、またフリーペーパーを置いて下さるお店などに置いて頂こうと思っています。


もし、チャーリーママさんのブログを読んで共感し、このチラシを配布して下さる方がいらしたら、私(カエデ)かジ~コタ母さんにご連絡ください。
折り返しPDFデータをお送りいたします。

 

■宛先は、
私にお送り頂く場合は happa_no_kaede★yahoo.co.jp (★を@マークに変えて下さい。)へ、
ジ~コタ母さんにお送り頂く場合は こちら へどうぞ♪

件名に「PDFデータ希望」とご記入の上、
お名前(HNがある方はそちらも)、メールアドレスをご連絡下さい。

 

厳しい日々を送る飼い主さんとワンコさん達がどうか救われますように☆


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MIND SHIFT | トップ | 『お散歩部 in さいたま』第1... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

犬の勉強」カテゴリの最新記事