医療・介護を支える継続企業の知恵袋          ㈱Kaeマネジメント 代表取締役 駒形和哉

毎日ブログを書き続けもうすぐ10年になります。2025年、2042年に向けた医療介護の厳しい時代を乗り切る策を考えます。

怖いもの見たさ

2019-04-17 04:45:03 | 薬局

恐るべしドッラッグの脅威。

 

このドラッグはストアである。

先日、ある調査から2019年の春入社した薬剤師数が発表になった。

それによるとトップは日本調剤の398人である。

さすがに秘めた底力を感じる。

就職説明会に行くと学生に対するプレゼンの技を感じさせるそうだ。

かなり研究している。

 

それに次ぐのがウエルシアHDの372人となる。

さらに301人がスギHDと総合メディカルとなる。

アインHDは257人、マツモトキヨシHDが226人、ツルハHDが220人と続く。

何となく当たり前の様に見える会社が並んでいるが前年比較が大きく異なる。

日本調剤は前年まで非公開なので増減は分からないが、アインHDは-22人と低調に終わっている。

調剤薬局では総合メディカルが群を抜いて+119人と奮闘しているが、他はどこも前年とあまり変わらない。

ところがドラッグストアは凄い。

ウエルシアHDが+102人、スギHDが+38人、マツモトキヨシHDが+48人、ツルハHDが+57人となっている。

ドラッグストアがかなり薬剤師獲得に奮闘している。

中小薬局の採用がままならないのはドラッグストアに取られているからかもしれない。

 

この薬剤師が調剤併設ドラッグストアに流れていく。

2019年2月の調剤の売上が”半端ない“のに驚く。

ウエルシアHDは1,298億1,100万円で前年比13.1%である。

キリン堂HDでは127億9,800万円で前年比9.5%と頑張っている。

他はまだ調べていないが調剤の売上の伸びは10%前後になっている。

大手調剤チェーンの売上が低迷している中、ドラッグストアの売上は順調である。

ここに何かしらの恐怖を感じている。

 

ドラッグストアというと「調剤ポイント」をイメージするが、どうやらそれだけではなさそうな気がする。

今のライフスタイルに適合しているのかもしれない。

スーパーの食品が売れない時代を迎えている。

生鮮3品(青果、鮮魚、精肉)を買って家で調理をする世帯が減っている。

おひとりさまをエンジョイしている我が女房殿も、私が札幌に戻った時にしかスーパーに行かなくなったと話している。

コンビニの惣菜、弁当の売れ行きも鈍くなっている。

我が家の冷蔵庫にはコンビニの惣菜が並んでいる。

 

薬剤師以外の調剤が解禁になり、「調剤料」の引き下げが気になるが、ドラッグストアは大歓迎である。

安さはドラッグストアのお株で”エブリデイロープライス“が調剤にまで波及する。

客が来ると売上につながる。

 

薬剤師の確保が脅威になる。

調剤報酬の引き下げが脅威になる。

 

昨日、東京に戻ってきたが、これからまた出張に出る。

帰りは大好きな”じゃこてん“でも買って帰ろう。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« やっとけ! | トップ | ねむい朝 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2019-04-17 07:28:24
ドラッグストアーは給料が魅力なのでは?中途採用の方でもドラッグストアーに転職パターンも、たまに聞きます。薬剤師としての仕事なら、まだ病院や調剤薬局の方が処方箋を中心に、専門家っぽい?仕事ができる環境かなと。

ドラッグストアーは処方箋が増えているとは言え、まだ雑貨売りの側面が多いのでは?6年間も勉強し国家試験を受かった学生が魅力を感じる仕事とは思いません。

調剤報酬が下がれば、調剤薬局はさらに給料を好条件で出しづらくなる。ただでさえ、昇給があまりない世界で給料まで下がってくれぱ薬学部、薬剤師の人気も下降では?

6年間も勉強時間や学費を費やして、とるほど魅力がある資格なのか?もう少し世間の評価が上がって、給料が増えてもよい資格かなとは思います。

未来の薬剤師の卵たちにも、そういう資格になってほしいと思います。
Unknown (Unknown)
2019-04-17 19:51:41
今年薬学部を卒業した者ですが、周りを見てもドラッグに行く人はかなり多かったです。
ただ、その理由の多くは給与ではなく将来性だと思います。
調剤薬局はもう終わりだという感覚は、思った以上に多くの学生が持っていたように思います。
バブル (業界のMr.金融)
2019-04-17 22:46:17
終わり!

何が終っているか?

薬学?厄学?

薬剤師?やけ剤師?

終わりは、始まり。

ようわかん!

似て非なるもの。これ如何に?

詠み人知らず
始まり! (駒形和哉)
2019-04-18 12:59:07
調剤薬局は終わりではなく、新たな始まりだと思います。
また、ドラッグストアは新業態の開発だと感じています。
どちらも時代の変化に乗り遅れまいと必死です。
何もしない薬局は確実に淘汰される時代も間違いなくやってきます。

社会保障の財源不足から調剤報酬の引き上げはあり得ません。
むしろ下がる傾向です。
都心部ではすでに給与の引き下げが始まっています。
6年間の勉強は無駄ではないと思います。
何と言っても国家資格ですから。
その活かし方が変わりつつあるんだと思います。
未来の薬剤師は新たな道を自分たちで切り拓く必要があると考えます。

コメントを投稿

薬局」カテゴリの最新記事