医療・介護を支える継続企業の知恵袋          ㈱Kaeマネジメント 代表取締役 駒形和哉

毎日ブログを書き続けもうすぐ10年になります。2025年、2042年に向けた医療介護の厳しい時代を乗り切る策を考えます。

いちばんしぼり

2019-10-16 06:08:30 | 薬局

最期のひとしぼり。

 

9番目に入る。

我ながら感心する。

この9項目は9月の金曜日版のHSEセミナーを聞いていて、その翌日の朝にまとめた内容である。

今さら追加も削除もない。

 

「後継者の育成」が最後になる

これはいわずと知れたことでもある。

今の現役経営者に残された時間は少ない。

勝手に残りの人生を謳歌して欲しい。

 

問題は、その後継者に危機感が足りない。

30代なら30年以上、40代でも20年以上は現役で働かなければならない。

その時の景色が見えているのだろうか。

いつも言うが薬局は制度ビジネスである。

制度が変わると大幅な方向転換を余儀なくされる。

それも待ったなしである。

その割には制度に疎い。

もっと貪欲に情報収集をすべきじゃないのか。

 

地方の薬局の最大の弱点は薬剤師不足である。

採用が難しい割に、薬剤師の募集活動がなされていない。

ホームページもあればいいって感じで、安上がりに仕上げている。

魅力のないホームページはマイナスイメージが先行して逆効果になる。

もちろん会社案内も薄っぺらのA4の3つ折りではどこにも勝てない。

大学訪問などあるわけもない。

これでは薬剤師は来ない。

困った時は紹介会社に依頼して高額の手数料を支払う羽目になる。

 

後継者には会社運営のノウハウがない。

勉強する時間もない。

薬剤師不足から自分も現場に入って調剤三昧である。

「調剤室の中に経営のヒントなし」である。

経営に欠かせない財務諸表も読み方を知らない。

儲かっているのか、損しているのかは何となく分かってもキャッシュフローなど意味不明かもしれない。

 

人の動かし方も習ってはいない。

もちろん大きな組織で管理職の経験もない。

 

何となくシリーズで2022年を乗り切る準備について、長々と書いてきたが、振り返って後継者はどこまで理解できただろうか。

今をおろそかすると将来はない。

 

経営者には覚悟が必要である。

どんな覚悟が出来るのか。

自分自身に問いかけて欲しい。

 

昨日は岡山での「薬局未来塾」で初デビューだった。

2時間の休みなしのぶっ通しにもかかわらず、皆さん熱心に最後までお付き合いいただいた。

ありがとうございます。

またの機会を楽しみに!

コメント   この記事についてブログを書く
« 半分は50歳過ぎ | トップ | むちゃぶり »

コメントを投稿

薬局」カテゴリの最新記事