医療・介護を支える継続企業の知恵袋          ㈱Kaeマネジメント 代表取締役 駒形和哉

毎日ブログを書き続けもうすぐ10年になります。2025年、2042年に向けた医療介護の厳しい時代を乗り切る策を考えます。

根っからの貧乏性

2019-08-12 05:02:13 | 薬局

知らぬが仏って本当の話だ。

 

先週は水曜日から高松、広島、福岡と「薬局経営研究会」で回ってきた。

参加者に、何気に「今回の薬機法の改正について、どこかから説明はありましたか」と聞いてみる。

驚いたことに、どの地域も聞いていないとの答えが返って来た。

薬局のあり方や薬剤師の働き方が変わる、大事な法律が変わろうとしているのに。

これでいいのだろうか。

まさに“知らぬが仏”である。

これは知らなければ穏やかでいられるという意味だ。

今は穏やかにいられるかもしれないが、来春からはそうは行かない。

 

薬機法は秋の臨時国会には決まると思われる。

それを見込んで中医協の審議も煮詰まる。

その中医協の情報すら知らぬが仏状態かもしれない。

経営とは環境適合業である。

環境の変化に対して、いかに自社が変化できるかどうかが、生き残りの最善策になる。

知らぬが仏では本当の「仏」になる。

 

さらに、薬剤師以外のものが行える調剤行為に関する通知も実際には見ていない経営者が多い。

何となく聞き覚え。

これもしっかり確認して欲しい。

内容に疑問を感じないのだろうか。

手順書や薬事衛生上の研修の準備は大丈夫なのか。

既に、事務員が調剤をしているからと“触らぬ神に祟りなし”なのか。

 

大手調剤チェーンやドラッグストアの団体は、今年の初めからセミナーを行い、着々と準備に余念がない。

これでは勝てるわけなどない。

赤子の手を捻るようなものだ。

手探りで暗闇を歩く横から懐中電灯を持って走り抜かれる。

 

申し訳ないが「助けて」と言われても「手のさしのべ方」が分からない。

手をさしのべても「何なの」「どうしたの」と聞かれそうだ。

基本的に知らぬが仏である。

 

今回の巡業でちらほら聞こえてきたのは、「近所の小さな薬局が閉めた」だった。

お陰でうちの処方箋が増えたと喜んでいる経営者がいた。

この動きは危険信号である。

 

10月からは消費税が2%増税になる。

この影響は意外に大きい。

コピー用紙などの消耗品、水道光熱費などの公共料金、職員の交通費、店舗の家賃など全てが実質的な値上がりになる。

薬の薬価差益にも影響が出る。

 

知らぬが仏では近所の小さな薬局になってしまうかも。

お盆休みだと言いながらも気の休まらない日を過ごしている。

コメント (8)