医療・介護を支える継続企業の知恵袋          ㈱Kaeマネジメント 代表取締役 駒形和哉

毎日ブログを書き続けもうすぐ10年になります。2025年、2042年に向けた医療介護の厳しい時代を乗り切る策を考えます。

借金も財産

2019-08-05 04:21:18 | 薬局

気になる先送り。

 

嘘はここにも根付いている。

国の経営を任されているのは政府である。

現政権は長きに君臨しているが、きちんと現状の問題に取り組んでいるのだろうか。

何となく”後は知らない“と、いい訳ばかりのような気がする。

改革には痛みを伴うものじゃないだろうか。

 

国の運営は基本的には税収で賄われている。

その税収に見合う運用がされているかどうかを示す基準が、基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)だと思う。

家庭で言うところの給与に見合った使い方である。

節約すると貯金に回せる。

貯金があると何か不測の事態があっても対応が可能だ。

 

その入りと出るが国の場合は壊れている。

かつて「骨太の方針」(確か2015年だったような??)には2020年にはPBを黒字化にする時されていたはずだ。

それがたった3年の2018年には難しいとなり2025年までの5年間延長している。

にもかかわらず内閣府は、今年の7月31日に「高い経済成長が実現した場合でも黒字達成は2027年になる」と公表した。

高い経済成長が実現してもである。

はっきり言って、既に無理だと宣言したようなものである。

 

私は政治評論家ではないので詳しい事情は分からない。

ただ、このままの状態が続くとは思えない。

先ずは、国が抱える借金が凄いことになっている。

8月末には来年度予算の概算要求が出そろうと思うが、使うのは簡単であるが、お金を稼ぐのは大変である。

足りない分は国の借金となるが、既に今年の3月末で1,103兆3,543億円だそうだ。

もちろん、この借金には金利がかかる。

今回も税収などで足りない分として30数兆円ほどは国債と言う借金で賄うことになる。

返すのは20数兆円でしかない。

 

このプライマリーバランスを黒字化するには、最も大きな歳出を見直すことになる。

それが歳出の35%ほどを占める社会保障費となる。

社会保障費の年金制度には、例の2,000万円があり、手が付けられない。

そうなると2020年の改定に頼るしかなくなる。

 そろそろPBの黒字化を真剣に向き合わないと、泣くのは未来の高齢者かもしれない。

 

何となく自分たちの主張ばかりが優先される傾向が感じられる。

何が欲しい、何が足りないと言うのは簡単でいいが、その財源はどこからひねり出すのか。

消費税は本当に要らないのか。

バラまき政策の結果としてのツケが消費税かもしれない。

それなのに伸ばし伸ばしのツケが、今お尻に火がついている。

 

全ては「原因と結果の法則」である。

 

コメント (2)