医療・介護を支える継続企業の知恵袋          ㈱Kaeマネジメント 代表取締役 駒形和哉

毎日ブログを書き続けもうすぐ10年になります。2025年、2042年に向けた医療介護の厳しい時代を乗り切る策を考えます。

敵はサルもの

2019-05-31 05:14:07 | 薬局

何をやっているのか…と思ちゃう。

 

日本医師会総合政策研究機構(日医総研)から、いつもの女性から鋭いレポートが出てきた。

今さらながらに数字をひねくりだしてくるところが凄すぎる。

内容はごく当たり前のことであるが、こんな見方もあるんだと感心させられる。

明らかに2020年の報酬改定に向けた先制攻撃のようだ。

 

診療報酬改定の比率は誰が決めたか分からないが、医科、歯科、調剤の配分を1:1.1:0.3となっている。

この1:0.3を日本薬剤師会は必守するといっているが、実は大手調剤チェーンの引き下げ分は含まれていない。

従って、1:03の比率は机上の夢である。

その1:1.1:0.3が考え方によって1:1:1になると言うのが日医総研の見解である。

詳しい説明は面倒なので自分でレポートをご覧あれ。

 

そもそも1:1.1:03は本体(技術料)改定率から計算されているはずである。

2018年度の本体改定率は医科が0.63%、歯科が0.69%、調剤が0.19%で、全体が0.55%となっている。

この比率が1:1.1:03になる。

調剤は0.19÷0.63=0.3でしょ。

しかも大手調剤チェーンの引き下げ分は別腹となっている。

反論できない寂しさを感じる。

 

忘れていたが日本薬剤師会が自前の会館を建設すると決まり、2013年3月に取得した東京都麻布台の90坪の土地がある。

90坪では不足として隣接地の取得も交渉中だとしていた。

あれから6年が経過した。

今さらではあるが隣接地は取得が困難なようだ。

となると今の90坪が使えなくなる。

誠に失礼な話ではあるが、以前の持ち主に買い取ってもらおうかとなっているらしい。

この6年間の土地から生じる機会損出はどうなるのか。

まさか同じ値段で買い戻すってことはないと思うけど…。

ちょっと常識では考えられない。

因みに、私は宅地建物取引士でもある。

 

そもそも自前の会館など必要なのだろうか。

建物には維持費がかかる。

収益性のある建物ならある程度の償却は可能かもしれない。

前の会長が残りてくれたお土産かもしれないが、受け取ったからには人のせいにはできない。

放置が長すぎる。

 

…と思ちゃう。

 

5月もおわちゃうねぇ。

今日から6月18日までロング出張に出かける。

コメントに返せない事もあるので、今から”ごめんなさい”としておきます。

 

コメント (2)