医療・介護を支える継続企業の知恵袋          ㈱Kaeマネジメント 代表取締役 駒形和哉

毎日ブログを書き続けもうすぐ10年になります。2025年、2042年に向けた医療介護の厳しい時代を乗り切る策を考えます。

それぞれの話

2015-10-27 05:36:04 | 薬局
がぁ~んとなる話。

死因1位は何と言ってもガンである。
ただここ数年の傾向として死亡率は横ばいだそうだ。
その中でも気になるのは女性の乳がん死亡率だけが上昇傾向にあること。
どちらかと言うと大きい方が好きな気がする。
女性の方は乳がん検診を積極的に受診したほうが良さそうだ。

意外なのは男女ともすい臓がんが増加していることである。
何に気を付けたらいいのか難しい部位である。
男性に多いのは食道ガンだ。
これは喫煙率との関係がありそうである。
20代の喫煙率が問題になっており、男性が36%、女性が13%となっている。
これからは薬剤師による禁煙指導も大切になる。
薬剤師の喫煙はどこかで縁切りが必要かもしれない。
その体験談が相談者に対して説得力が出る。

これからもがんにかかる人は増えることが予想される。
どうやら国はガン患者の在宅も押し進める様だ。
薬剤師への期待も深まる。

話は変わり。

最近、薬局で何が売れるのか考えていた。
処方元の診療科にもよるが来局者は高齢者が多いのではないだろうか。
では、高齢者が必要とするモノやサービスは、と自分なりに掘り下げてみる。
何気なく行き着いたには、いつものEDと軽尿失禁である。
これについては何度もお伝えしてきた。
さらに思いついたのが健康食品である。
そんなものは既に飽和状態だとバカにされそうだが…ちょっと違う。

売ろうと思うのは"にんにく"である。
実は、これからのインフルエンザの時期に向けて私はニンニクを食べるようにしている。
周りへの迷惑よりもセミナーでインフルエンザウィルスの散布よりはましだ。
食べ方は市販の生にんにくを買ってきて、かけらをバラす。
そのかけらの下(根の部分)を切り取る。
それを沸騰した熱湯で約4分ほど煮る。
熱いままを水気をとり皮も取る。
皮は簡単に取れる。
これをキッチンペーパーに並べて保存する。
少なくとも10日以上はカビも腐敗もしない。
それ以上持ちそうだが、その前に食べ尽くしている。

で、本番はこれからだ。
にんにくといえば青森である。
青森は田子が有名らしい。
そこから無農薬のにんにくを仕入れて薬局で販売する。
もちろん上手な食べ方も教える。
にんにくはスーパーなどにもあるが、徹底したこだわりを演出する。
もちろん生産者の顔写真も入る。
畑のようすなども紹介する。
ちょっとお高いが中身が濃いことをアピールしてみてはいかがだろうか。
そんな話をセミナーでしていたら"黒にんにく"の作り方を伝授してもらった。
ただ、簡単ではない。

まだまだ薬局で売れそうなものはある。
薬局に来てくれているのは患者様じゃなくお客様の発想が大切だ。

そんな話に参加者の頭はがぁ~んとなった。

先週の21日からの旅も今日で終わる。
朝一番の飛行機で東京に戻る。
駅から空港までは約40分かかる。
6時10分発のバスに乗る。

あぁ~しんど!

なんだか鞄が重いと思ったら研修先から「魔王」をいただいた。
大魔王じゃないよ。
魔王だよ! (楽しみ)




目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ
コメント (2)