医療・介護を支える継続企業の知恵袋          ㈱Kaeマネジメント 代表取締役 駒形和哉

毎日ブログを書き続けもうすぐ10年になります。2025年、2042年に向けた医療介護の厳しい時代を乗り切る策を考えます。

笑い満載

2011-10-31 07:01:04 | 薬局
見放されたのか。

先週の金曜日のリスファックスにちょっとショックな記事が掲載されている。
タイトルは「特定看護師が活躍、存在感ない薬剤師」である。
サブタイトルは「厚労省 試行事業で鮮明に、「やるべき業務しないから」と続く。
来年度に決まりそうな特定看護師の業務試行事業において、特定看護師が服薬指導や処方変更の提案といった薬剤に関する業務を積極的にやらせて欲しいと言うものである。
なかなか言うことが憎い。
「調剤」は薬剤師が行なうという原則論はあるものの、服薬指導などは誰が行うのか明確な規定がないときた。
良くわからないが服薬指導も薬剤師じゃないの…?
と言うか、こんな事言わせておいていいのかとも思う。
情けないかな薬剤師の存在感。
これに対する厚労省の官僚は「本来やるべき業務を薬剤師が積極的に行わないから、看護師に業務を奪われていく」と冷ややかな発言もある。

また、特定看護師の業務試行を検討するメンバーの中には、糖尿病の外来診療において、服薬指導や治療薬変更などの提案を特定看護師に任せているなどの意見も見られる。
この他にも風邪とインフルエンザの見分けや簡易な薬剤の選択・使用なども看護師に任せている医療機関もある。
看護師って凄いなぁ~などと感心していられない。

さらに病院薬剤師のことだと思うが「『情報が上がってこない』といって、医薬品の袋詰めだけして現場に出てこない怠慢がある」といった厚労省からの厳しい指摘もある。
確かに入院して、今まで服用していた薬を取りに来るのも、これからの薬をどうするのかの説明も看護師だったような気がする。
「情報が上がってこない」から仕方ないのかな。
さらに「在宅医療や院内業務を、専門的教育を受けた薬剤師が、なぜ積極的に行わないのか。自分たちを振り返る意識を持っていない。日本薬剤師会や日本病院薬剤師会にも言えることだ」とかなり手厳しい。(リスファックスから)
ここまで言われても現実はその通りかもしれない。

この時期は微妙だ。
調剤報酬を控えてかなりの影響は覚悟が必要となる。
おぉ~さむい!

土曜日は九州での第5回目のネクスト企画であった。
今回はコミュニケーションがテーマである。
薬局内は何となく殺伐とした感じがするところが多い。
コミュニケーションの仕方を教わったことがない集まりだからだ。
一般的な企業であればそれなりの上下関係や横とのつながりも大切であるが、中小の薬局では薬剤師に対し「腫れ物」に触る様な扱いをしている。
それがいつの間にか薬剤師をコミュニケーション下手に作り上げている。
でも、これからはそんな事では薬剤師も勤ならない。
時代は大きく変わろうとしている。

研修では参加者の皆さんの笑顔や笑い声が大きく響いていた。
薬局内でも起こる事に期待している。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント (2)