花鳥の撮りカルテ

診療の合間をぬって鳥を撮っています。



1-1.バンフ

2019-05-22 02:00:00 | カナダ

バンフはカナダのアルバータ州に属している街で、バンフ国立公園内に位置しています。

バンフの元々の由来は、1884年カナディアン・パシフィック鉄道社長のジョージ・ステファ

ンによって、彼の生まれ故郷のスコットランドのバンフシャーに因んでバンフと命名されま

した。そして、バンフの街はカナディアン・パシフィック鉄道によって1880年代に観光地と

して造られました。そして同社の3人の作業員が1883年に偶然に温泉を見つけましたの

がきっかけでした。バンフはカナディアン・ロッキーの山々に囲まれており、カスケード山

(2998m)、ランドル山(2949m)、ノーケイ山(2134m)、サルファー山(2281m)な

どの山があります。そのため、バンフはカナディアンロキー山脈の観光の中心地となって

います。なお、標高1384m、面積は4,88㎢、人口は7847人(2016年)です。

さて、バンフ国立公園は、公園の面積は6641k㎡、園内を通る道路の総延長は1600

km、1885年にカナダで初の国立公園に制定されました。バンフ国立公園は世界で

3番目に古い国立公園です。1991年には冬季オリンピックも開催されました。1985

年にはバンフ国立公園を含む一帯がカナディアン・ロッキー山脈自然公園群として世界

遺産に登録されました。この国立公園内の景色の美しい地点としてはレイクルイーズ、

モレーン湖(ターコイズブルーの湖水で有名)ボウ湖、ペイトー湖、クロウフット氷河など

が有名です。

コメント

1-1-1.バンフ、サルファー山

2019-05-22 01:00:00 | カナダ

サルファー山頂(2281m)に登るゴンドラ。 バンフの街から、わずか8分で山頂に行けます。

バンフの街並み。右端から下を通り、左に流れているのがボー川、左の山がカスケード山です。

真ん中のホテルはバンフ・スプリングス・ホテルです。バンフ国立公園になった地域をリゾート地として宣伝する

ため、その目玉施設として、1888年に、このホテルが建設されました。ヨーロッパの古城のようなこのホテルは

まさにバンフの歴史とともにある、街のシンボルです。

 

コメント