花鳥の撮りカルテ

診療の合間をぬって鳥を撮っています。



サイパン島・ロタ島探鳥

2016-06-07 06:01:30 | サイパン島・ロタ島探鳥

サイパン島・ロタ島へ行ってきました。

       

   

                                                          

コメント

Ⅰ.サイパン島・ロタ島へ出発

2016-06-07 05:11:30 | サイパン島・ロタ島探鳥

サイパン島,ロタ島に行くため、成田へは、行きは飛行機で、帰りは、のんびりと成田エックスプレス、新幹線でした。

前日に伊丹より成田に行き、成田東武ホテルエアポートで泊ました。

当日、デルタ航空で、サイパン島経由ロタ島に行きました。

大阪空港から出発。

ANA2178便で、一路成田へ。

成田で泊まる時の常宿の成田東武ホテルエアポート。

いよいよサイパンへ。DL298便、成田10時35分発、サイパン島15時10分着、約3時間半の飛行です。

ちなみに時差は、日本より1時間早いです。

 サイパン国際空港

国際線ターミナル, 国内線ターミナルは左側で、建物は見えない。

サイパン国際空港全景

真ん中の旗は北マリアナ諸島の旗。青地は以前に国際連合の信託統治領であったことから国際連合の旗をモデルにしている。

白い星の後ろにある灰色の柱は、マリアナ諸島各地でよく見られるラッテ・ストーンと呼ばれる石柱で、

かってチャロモ人の祖先が大きな建築物の基礎に使っていたとされるものである。

ラッテ・ストーンを囲むようにマーマー(チャロモの伝統的な花輪・花冠)が描かれている。これは諸島の神聖な歴史と習慣を表している。

(参考資料;ウィキペディア)サイパン国際空港玄関前にて。

 

コメント

Ⅱ.サイパン島1日目

2016-06-06 06:14:16 | サイパン島・ロタ島探鳥

サイパン島は1981年以降、アメリカ合集国の自冶領で、北マリアナ諸島の中心的な島です。

面積は122k㎡(伊豆大島の約2倍)、人口58000人(北マリアナ諸島全体)です。

ロタ島へは20時発、約4時間あるので、空港周辺の探鳥に出かけました。

空港の周りはハイビスカスやブーゲンビリアなど南国の花が咲き乱れています。

ブーゲンビリア

ハイビスカス

ハイビスカス

ブルメリア

 

コメント

1.ミクロネシアミツスイ Micronesian Honeyeater 11cm

2016-06-06 05:28:12 | サイパン島・ロタ島探鳥

マリアナ諸島固有種です。

咲き乱れる花々のあいだを飛び回っている鳥に目が留まりました。よく見るとミクロネシアミツスイの番でした。

ミクロネシアミツスイの雄

 

コメント

2.ミクロネシアミツスイ Micronesian Honeyeater 11cm 

2016-06-05 06:32:13 | サイパン島・ロタ島探鳥

ミクロネシアミツスイの雌

 

 

コメント

3.シロアジサシ White Tern 28cm

2016-06-05 06:17:10 | サイパン島・ロタ島探鳥

空を見上げるとシロアジサシが飛翔しています。

 

 

コメント

4.シロアジサシ White Tern 28cm

2016-06-04 06:42:59 | サイパン島・ロタ島探鳥

シロアジサシが木にとまりました。

  

番らしく雌に餌を渡しています。

 

コメント

5.ムナジロバト White-throated Ground Dove 24cm

2016-06-04 05:19:16 | サイパン島・ロタ島探鳥

 マリアナ諸島固有種です。

地面に目をやると、芝生の上をムナジロバトが番でいました。 雌は雄に比べて地味です。

ムナジロバトの雄

目を木に向けると、木にも雄がいました。

芝生の上の雄

ムナジロバトの雌

芝生の上の雌

  

コメント

6.カラスモドキ Micronesian Starling 24cm

2016-06-03 06:33:26 | サイパン島・ロタ島探鳥

カラスモドキはマリアナ固有種で、ムクドリの仲間です。 

別の木にはカラスモドキの番がいました。この木に巣があるようです。

 

 

コメント

7.ナンヨウショウビン Collared Kingfisher 23-25cm

2016-06-03 05:35:13 | サイパン島・ロタ島探鳥

サイパン島のナンヨウショウビンは、青い過眼線が後頭に周り、頭頂部は白色です。

一方、ロタ島のナンヨウショウビンは頭部全体が青と白の班模様で、サイパン島のナンヨウショウビンとは違っています。

サイパン島とロタ島はプロペラ機で30分と非常に近い距離にも関わらず、このような亜種が何故、存在するかはわからないそうです。

 ロタ島で撮ったナンヨウショウビン。頭全体が青と白の班模様

 

コメント

8.ホウコウチョウ Orange-cheeked Waxbill 10cm

2016-06-02 06:00:00 | サイパン島・ロタ島探鳥

ホウコウチョウはロタ島では見られないと言われたので、サイパン島で見られ、ホッとしました。見たのはこの一回きりでした。

 

コメント

9.マリアナメジロ Bridled White-eye 12cm

2016-06-02 05:34:20 | サイパン島・ロタ島探鳥

 

 

コメント

10.ムナグロ Pacific Golden Plover 24cm

2016-06-01 06:36:41 | サイパン島・ロタ島探鳥

 

 

コメント

11.オオベニバト Island Collared Dove 24cm

2016-06-01 05:37:24 | サイパン島・ロタ島探鳥

 サイパン島、ロタ島を含めてオオベニバトを見たのは、この電線止まりの一回だけでした。

 一部の資料では、英名が Philippine Turtle Dove となっています。

コメント

Ⅲ.ロタ島に向けて出発

2016-05-31 06:02:35 | サイパン島・ロタ島探鳥

約2時間ほどの探鳥は終わり、空港で20時発のロタ島行きの飛行機待ちです。 

燃えるようなサイパン飛行場の夕焼け。

パイロットを含めて10人乗りのプロペラ機。ロタ島へ約30分で飛びます。

コメント