カブトビール屋

明治時代に半田赤レンガ建物で作っていた『カブトビール』の販売情報をお届けします

カブトビールの歴史の話 その参

2019年04月01日 | グルメ

 5番目の弱小ビールとして出発した『カブトビール』をメジャーにおしあげるきっかけとなった出来事があった。明治28年(1895年)京都で開かれた第4回勧業博覧会にアサヒビールと対抗してビアホールを出し十数人の芸者に赤襷(あかたすき)赤前掛(あかまえかけ)で宣伝させたところ、その宣伝ぶりを新聞が書きたてて評判になり醸造能力の3~4倍の注文が殺到する盛況となった。

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
« カブトビールの歴史の話 その弐 | トップ | カブトビールの歴史の話 その四 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事