カブトビール屋

明治時代に半田赤レンガ建物で作っていた『カブトビール』の販売情報をお届けします

復刻カブトビールの特徴 その壱

2019年01月24日 | グルメ

 復刻『カブトビール』は、明治時代のカブトビールを忠実に復刻したビールです。明治時代のビールの味の最大の特徴は、炭酸ガスが少ないため、やや気の抜けた味で清涼感が欠けていたことでした。この原因は、貯蔵樽が現在のように金属製タンクではなく、木造樽であったので気密性が良くなかったことが主要因でした。せっかく生成した炭酸ガスが外部に逃げてしまい、ビールに溶け込まなかったからです。そのため復刻『カブトビール』も明治時代同様に炭酸ガスは現在のビールに比べて3割以上も少なく製造してあります。是非、味わってみてください。

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
« パリ万国博覧会 金牌賞受賞 | トップ | 復刻カブトビールの特徴 その弐 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事