カブトビール屋

明治時代に半田赤レンガ建物で作っていた『カブトビール』の販売情報をお届けします

カブトビール降臨!!

2019年04月09日 | グルメ

  昭和18年(1943年)にその歴史に幕を下ろした『カブトビール』は、平成17年(2005年)6月に復刻発売されることとなった。その製造工場であった半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)の保存活用のために活動する赤煉瓦倶楽部半田の手によって明治時代のビールの味が復刻されたのである。およそ半世紀ぶりの『カブトビール』の発売は、半田から「丸三ビール」が3000本初出荷されたことに習い、3000本の限定発売とした。あっという間に売り切れたことは言うまでもない。そのころから幻のビールと呼ぶ人も現れたそうな。

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
« カブトビールの歴史の話 その五 | トップ | カブトビール復刻秘話 その壱 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事