カブトビール屋

明治時代に半田赤レンガ建物で作っていた『カブトビール』の販売情報をお届けします

カブトビール復刻秘話 その四

2019年01月07日 | グルメ

  復刻『カブトビール』には、どうしても譲れないこだわりがいくつもある。その一つが貯蔵期間90日間へのこだわりである。今のビールは、一週間待たずして製品として出荷される。明治時代は、90日間ビールを貯蔵したと文献にあった。何が何でも90日間必ず貯蔵してからしか出荷しない。このこだわりが『カブトビール』のコクと苦味とまろやかさを創出していると信じている。だから明日や明後日に『カブトビール』の注文をいただいても対応できないのである。どうか90日お待ちください。

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
« カブトビール復刻秘話 その参 | トップ | カブトビール復刻秘話 その五 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事