カエルに似ている…

虹の橋を渡ったフレンチブルドッグモンちまとイングリッシュブルドッグのおでじの事、あと作品も時々思いついたあれこれ。

目が合うとどうにも友人?な錯覚が芽生える。

2015年01月21日 | フレブル日記
1月21日

時々、「はっ!」と目が合う奴らがいる。
大勢居るのに1匹だけとか…そういうのは気が合っているのだ。



このヤギはこの道を通る度に「は!おまえは!」な感じで目が合う。
もしかしたら、敵扱いかもしれないとも思っている。

コメント

一度目なら血尿で済むが、二度目はテロ確定となるんどよ。

2015年01月12日 | フレブル日記
1月12日

おでさんが来てからのモンちまは荒れていた。
廊下は「ここはボクのテリトリーなんだ!」と主張せんばかりの小走りでのオシッコジョウロ撒きで、マンションのフローリングが変色し始めていた。
母から「この子は何なん?わざとじゃろか〜!」と、もう犬とは思えぬおでさんへの怒り・当てつけオシッコに戸惑いを越えて怒り、おでさんは新たなる試練に落胆したに違いない。





しかしながら、おでさんの笑顔がなんともお可愛らしくついつい「可愛い子じゃ〜」を連発してしまう飼い主だったが、ずっとリビング出入り口におでさんバリケードをゴチャゴチャ置いておくわけにもいかないので、モンちまとおでさんを対峙させた形で飼い主として毅然とした対応を試みたのだった。

モンちまは近くで見る巨大で野蛮な犬が(自分も犬だろうに!)自分に襲いかかってくる!といった恐怖で足がガタガタ震えていた。
「小さい頃から一緒に暮らしていたおでさんだから、もうお前は兄としておでじを愛してやらねばなるまい!」「モンちまは愛が解る賢いお子様だから兄としておでじを許し愛してやって欲しい。大丈夫!愛は与えても目減りしないからな!増える一方らしいお〜♪」
などと、モンちまの肩を抱きながらこんこんと2匹の和解を願い説明し諭した。
モンちまはガタガタ震えながらオシッコをボタボタと尿漏れしていた。前立腺肥大気味のシニアなモンちまの尿漏れには慣れていたがふと尿漏れを雑巾で拭き取ってみると血尿だったので驚き、その場はモンちまを病院へ連れて行かねばならない!と言う事で中断した。

暫くして、血尿騒ぎで病院だの何だので中断していた二度目の話し合いの場を持った。
モンちまとおでさんではどうみてもおでさんが瞬殺でモンちまをあの世へ送れる程の力の持ち主だが、根が優しくて平和とまったりを好む本来のおでじ心がモンちまに真の威圧感を与えているのだろうと思う。本当に強い男は戦って相手をぶちのめして「うをぉぉぉ〜〜!」ではないのだろう。それが、モンちまを追いつめているのだろうと思う。
と、見るとやはりガタガタしながら尿漏れが始まっていたので、拭き拭きした。
げ!また血尿出してやがるぞ!見ると薄らと血の色が混ざっていたので、ここでハッと考えたのだった。
今までのおでさんへの愛情が彼の心と体を蝕む程にこの犬は性格が人間の嫉妬深い男みたく複雑でねじ曲がった根性の持ち主なのだ!と。



ラテン系の底力を見た思いがした。日本人の文脈では量れぬ程の凄まじい嫉妬心と純粋な心があるのだな〜と、改めてモンちまのスゴさを感じ取りなんて面白い犬を飼ってしまったのだろう!と喜んだかぶだよしです。


そして、おでさんのお可愛らしい純粋で優しい心。この2つの陰陽マークが廻って行けばいいのだな!と時間をかけながら徐々に2匹を近づけさせて行こうと決意した次第なのでした。

今年もよろしくお願い致しますお!

コメント (4)

2014年5月におでさんは松山入りしていたおね。

2015年01月07日 | フレブル日記
1月 6日

おでさんが昨年の5月、ミチみちさんの運転する車にて800kmを旅して松山入りした。
それはそれは嬉しくも楽しい旅となったおね。ミチみちさん!感謝どよ〜〜




しかし、松山で私の帰りを待ち侘びていたモンちまは話が違っていたらしい。
私を独り占め出来て、母をも意のままに操りオヤツをせしめる男モンちまは水を得た魚の様に活き活きとしていた。
その楽園の終りがおでさんによってもたらされたのだ。



彼の残念な生活は潔癖性の母が英国犬おでさんの「ビック便」を見ても嫌がらなくなった程に深刻化していき、おでさんのお可愛らしさに母親がメロメロになるまでに時間はかからなかったおね。それがまたモンちまには気に入らない。
以前は一緒に暮らしていたし…お互いどっちかって言うとおとなしい平和主義なお子さも達だからと高をくくっていたのだが、モンちまとおでじの大喧嘩の後、モンちまはお約束のように失禁しながら失神した。尿まみれで倒れたモンちまを抱き起こしながら、私が聞いたのは目をぎゅ〜〜っとつぶりながら「いやあぁぁぁ〜〜〜っ!」と人語で叫んだモンちまの魂の叫びだったおね。

その日から、おでじはリビングで、モンちまは私の部屋中心の暮らしになっている。
それよりも犬同士の喧嘩を目の当たりにした母が心臓発作でも起こさないといいと思う。
2匹とも血を流さない擬装喧嘩だといくら説明しても母にはまだ解らないらしいのだ。

   (つづく)
コメント (5)

あけましておめでとうございますお。

2015年01月01日 | フレブル日記
1月1日

今年のお正月はおでさんがリビングでグーグーだらしなく寝ている…そんな嬉しいお正月です♡
そして、モンちまとはやっぱり仲が悪いです。(笑)
コメント (4)