カエルに似ている…

虹の橋を渡ったフレンチブルドッグモンちまとイングリッシュブルドッグのおでじの事、あと作品も時々思いついたあれこれ。

IGANDA OB展に向けての制作 ー主にフレブル松なりきり盆栽編 ー

2017年10月02日 | ユニークな作品達
10月2日

もう10月になったんですね。
あと3ヵ月弱で2017年も行ってしまうじゃないですか!早し!
色々と制作の邪魔が入るのはいつも身内だったりするかぶだよしです。でもワクワクする事には激しく頑張る。

松なりきり盆栽は犬や子供の好奇心旺盛な、なり切り気分を形にしてみました。
松は赤松でお月見しながらの盆栽にしようと見上げるフレブルを作る。
表情としては笠智衆のまめ〜〜でいこうと思った。以下↓まめぇ〜〜な顔

参考まめ〜〜動画↓


で、いざ作ると「名月をとってくれろと泣く子かな」を思い出した。


そして白塗りにする。


目のアクロル絵の具を剥き作業の前に穴開けします。
ここで、まさかのシャイニング!しかもダブル斧を彷彿とさせたおね。ダブル斧だったらあの親子は脱出不可能だっただろう。


色を入れて様子見。なかなか可愛らしくなってきた。


松も色を入れていざダブル松を持たせる。




ここでOB展に出すもう一つの作品を思い出し、さっそく箱から出してみた。
フレブルふくら雀盆栽どよ!(2011/11GALLERY HANA下北沢 個展出品作品)しかもウンコ出してから至福の一服というおっさん率200%な作品だ。いいお〜すごくおっさんいい!



ちゃんと置き土産あるおね。


因みに黃門様は鳥仕様になっている。


8月14日搬入の日。
なんとか4体の作品を搬入することが出来た。パグじゃくしも小さいながら頑張っている。




そして初日8月15日を迎えた。

私が受付当番の日にはyonecoさんのお友達Tとシマさんマフラーを巻き臨んだカブだよしでした。
様々な方たちから色んな力をお借りした制作となりました。ありがとうございます。感謝・感謝ですお。

かぶだよしのhpKABU FACTORY略して「かぶふぁく」
『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« IGANDA OB展に向けての制作 ... | トップ | 丹下段平なやつも作っている。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ユニークな作品達」カテゴリの最新記事