カエルに似ている…

主にアート作品のあれこれと虹の橋を渡ったE&F Bulldogのおでじとモンちまの事。

犬の肖像画 桃太郎くん

2020年06月11日 | フレブル日記
6月11日

5月末にあんずちゃんを描き終え、ももちゃん制作を始め、「もう6月に突入しちまったじゃないかっ!」と、あばあばしながら桃太郎くん描いておりましたが、やっと9日に仕上がりました。
最初に頂いたお写真の目を拡大して色々受け取る情報を咀嚼しながら眼球の段取りを考え、手順を頭に置きながら下書きを描いていきます。
この辺りは本当に楽しくワクワクしながらやってますお。



目の中を観察中、魚眼レンズのように丸い青空が見え木々が見えてその中にいろんな形が見えて見上げたももちゃんが森の中のお散歩だったのかな〜と思ってましたらInstagramのもも母さんのコメントで分かったのですがもも母さんが逆さまに映り込んでいたのですおね。こういう心象風景を知ることが大切なのでもも母さんに教えていただいてよかったです。リアルなももちゃんの気分が目から入って来ました。


小さすぎるので判りづらいですが、これがもも母さんが逆さまに映り込んだももちゃんの左目の景色です。


そしてモデリングペースト塗りでこんなことして本当にももちゃんになってゆくのだろうか!と、モデリングペーストを呪いながら眉根の辺りを盛り盛りに盛ってゆくのだった。

雑っぱに色を置いてゆきます。




鼻周りを整えながら、ももちゃんのキャンバスが丸いこととオルテガカラーが丸いことからくる扁平なイメージになりやすいのでは?と考えが過ぎる。




彼の白いほっぺに白いひだ襟…そして白のボディとなるとやはりへらべったくなるので、ベージュにおフランス的な模様の入ったカラーに変更。




正方形のキャンバスより丸いキャンバスの方が面積広いのでこのひだ襟カラーを2次元平面にも見える模様を入れて見る。白い間が空くのはこの場合よくないのでこれで良かったと確信。シックな華やかさを目指す。日本画のような二次元デザインとリアルが渾然一体化した画面構成面白くて好きですお。


お顔の影を薄めの汁だく状態のカーボンブラックで何層にも塗ってゆきます。






こんな感じで犬の肖像画 桃太郎くん仕上がりました。
ここまでお付き合いくださりありがとうございました。もう、ももちゃんのスクウェア型の頭蓋骨といい!たふっとしたふかふかの口元、ホンワカ見ているのにちょっとオコな感じにも見える眉根!ももちゃん!フレブルは本当にお可愛らしい生き物ですおね〜〜たまらんです。
もも父さん・もも母さん、楽しく描かせていただきました。ありがとうございます。
コメント (2)

犬の肖像画 あんずちゃんが仕上がるまで。

2020年06月10日 | フレブル日記
6月10日

何枚か同時進行でやらねば!で始まった「犬の肖像画」だったが、まぁ無理でしたおね。途中予想だにしないDIYだとか清掃作業など入ったもんだから大変だった。
私のような単細胞に同時に何枚なんて無理でしたね。肖像画は特にそうだった。対象犬そのものにならなければ描けない。
先ずは杏嬢から…。
あんずちゃんの目の辺りはシベリアンハスキーがちょい入ったオコな眉根が絶妙に可愛い女子フレブル。そのあんずちゃんの振り向き様1枚。「凛とした目がたまらんですけん。」そんな事を言いながら描き始めました。
この辺りはまだいい気分の出だしなんですおね。頑張るぞ〜〜って。


だが!この辺り(モデリングペースト塗り)で…もうダメかもしれないな〜と何故か毎回思う。何故なら見た目八つ墓村&ITになるからだ。


めげずに目を入れるのだが大丈夫か?自分!と思うのだ。


で白い骨格ベース上に筋肉色の嵐!おぶ!っと衝撃波が来ます。何故か、リングに上った力石徹に見えたりした。


で、この辺から大丈夫!大丈夫!と言い聞かせながら黄味がかったベージュを載せてゆく。




ここでかろうじてなんとかトンネルを抜けたかもな感を感じる。




このカラーに白入れ始めた時点で、丁寧に植毛作業に入ろうかな〜と思う。


あんずちゃんは写真の毛糸のセーターがお可愛らしく似合っていたのでそのまま転用してにょにょっとした風味でドレスのように描いてみた。


色置き場から毛の繋がりをもたせフレブル特有の質感が出た感じでの植毛作業も終わりに近づき、オルテガカラーもツヤっと仕上がり、頭の影を入れる。最後にかぶだよしのサインを入れ、あんずちゃんの肖像画が仕上がった。よかった!仕上がってよかったとホット一息だす。








こんな可愛いフレブル女子あんずちゃんを描かせていただいたcuさんに感謝のかぶだよしです。

次回は同じくシベリアンハスキーを彷彿とさせる眉根を持った可愛いフレブル男子桃太郎くん行きます。やはりモデリングペーストあたりで落ちるかぶだよしです。毎回ですがあの絵面には慣れないですおね。
コメント

GW中のお知らせがあります。

2020年04月30日 | ユニークな作品達
4月30日

ちょい遅れましたが先行してboo店長のInstagramでは広告してくださってます。
フレブル&Eブル盆栽作家「kabudayoshiの犬の肖像画コロナに負けない!お家で応援企画」開催します。

応募期間受付 2021 4月29日〜5月11日まで

犬、猫の肖像画 (額なし)期間限定 7500円引きでお受けします。
お気に入りの写真をDMに送って頂いた方35000円の所を7500円引き 
27500円で御注文頂きます。

絵の🖼サイズ 30㌢✖️30㌢ スクウェア型(下地色ブラックジェッソ)
ザビエルカラー有る無し 選べます。
お写真は1200✖️1600〜1800pixel くらいの解像度でお願いします。
額希望の方は相談有り。
納期は2週間程を予定しております。
犬種、猫種は問いません。

お気に入りの我が子の肖像画を描かせていただけたら光栄ですお。
じっくりその子の性格や幸せを感じながら今までの実験と試作を活かしながら描かせていただきたいです。

お気軽にお問い合わせください。

Instagram (@kabudayosi)DM メッセージ、ツイッターメッセージ、このgooブログのmail(右側の緑の帯メッセージを送るにてお願いします)でのメッセージでもどれでもオーダー頂きます。
よろしくお願い致します。
ご注文、家でお待ちしております。

2020かぶだよし個展のちょいロングバージョンです。
コメント (3)

あのエキゾチック・ショートヘアさんは…。

2020年04月29日 | ユニークな作品達
4月29日

え〜〜、個展に向けて猛スピードで作品作り上げてはいたのだけれど、
あの猫のエキゾチック・ショートヘアさんはホワもこほんわ〜〜な毛並みで足止めを喰らい頓挫してしまい間に合わなかったんですおね。
終わった後も「ほわほわってなんだよ!」「そうか!タンポポの原理でやりゃいいんだな!」と「で?タンポポの遠近感どうよ!どうなってんだよ!」とまだ出来上がっておりませんが現在はこんな感じをお知らせしておきます。
チワワじゃなかったイングリッシュ・トイ・スパニエルさんやboo店長の時みたく、以前の記事と重複写真ありますが繋がりを見て楽しんでいただけたら満足です。
始まりはマモーからでしたお。



この辺もまだまだマモーだった。

ここ!ここで!モデリングペースト盛り始めた頃からジャック・スパロウ?でもなく。どっちかって言うと八つ墓村?な感じになってきた。龍の顎(りゅうのあぎと)あたりを血の涙を流し、すすり泣き笑いしながら追いかけてくる小川真由美を思い出した。あれはほんっとーーに怖かったよね。そして「八つ墓村」「犬神家の一族」混同しがち案件!あの映画2本はたしかにな〜などと思い出しながら塗る。



ロッキーホラーショーみたいにも見えたりしました。

でも、八つ墓村嫌いじゃないんだよね〜とワクワク感は否めなかったです。



今は…羽根帽子かぶった東インド会社勤務大黒屋平兵衛みたいな感じで居ます。






東インド会社はやはり外せないなと思いながら描いていますお。仕上がったらまたアップいたしますお。
おやすみなさい。
コメント

ブログ内個展廻廊してみてほしい.1

2020年04月28日 | ユニークな作品達

4月28日

自宅待機状態続きますおね〜。いつまで続くのか?考えていたら悶々としてしまうので
とにかく2020年かぶだよし個展へどうぞ〜ですお。
ショートバージョンです。

2020年かぶだよし個展

次回は長めのやついきます。

コメント

boo店長仕上がりました。

2020年04月10日 | ユニークな作品達
4月10日

日程が遅れていたので焦りましたが、boo店長仕上がりました。
室内で過ごす方々、特に緊急事態宣言で指定された都道府県の方たちへ向けても発信してます。受け取ってくだされば幸いです。
boo店長の出来るまでの流れをここに貼ってゆきますお。
4月5日の「boo店長を描いている」での写真と重複しますが流れで見てくださると面白いと思う。




















コメント (2)

魔王ぷ〜くん仕上がる。

2020年04月08日 | ユニークな作品達
4月8日
チワワじゃなかった魔王ぷ〜くんが仕上がりました。
以前にも上げた写真を順を追って並べてみますお。前のやつと重複するけど流れで見たいのでよろしくです。
下絵から。そして眼を描き始める為の白入れ。



お顔全体にモデリングペースト盛り盛りする。ここでオデコ強調。

隈取り深く!濃く!後で来るふかモコのせめぎ合いを念頭に入れて塗りまくる。



被毛のふかふか毛先ピンピコ感を出してゆく。いい感じの下から打ち上げ光でもって魔王ぷ〜くんになる〜。

最後にkabudayosiのサインを入れる。

いつも感じるのだが、写真の犬の眼には飼い主に見てもらい写真を撮られるという事を心から喜ぶ光が宿っている。かわいい!
コメント

チワワじゃなかったですおね。

2020年04月07日 | ユニークな作品達
4月7日
デスラー総統のマントとパイプオルガンが似合う‪。
チワワってこんなんだったのかーー可愛い過ぎるぞ!と思いながら描いてます。「魔王チワんワ」そんな名前を付けてました。
が!久しぶりにダザしゃんさんと話ができてご無事で何よりと喜んだのもつかの間、また「チワワじゃないから」とか言われた。(前回はスコティッシュフォールドじゃなくてエキゾチック・ショートヘアだよと訂正された)イングリッシュ・トイ・スパニエルのpromise君。愛称ぷ〜くんだそうだ。
いや〜鼻ぺちゃのチワワだと思ってたがスパニエル系のお子様なんだね。
しかも結構臆病なぷ〜くんらしいです。そこもまたギャップ萌えだね〜〜などと他愛もない会話できてほっと一息かぶでした。

魔王ぷ〜くんの絵はまだ途中です。仕上げ頑張る。

ついでに先日IGでポストしたモンちま幼少期の初めてのお風呂でお怒りをお示しになった「お風呂ってなんなのよ!」を貼っておきます。


飼い主だから分かる。これはそーとーに怒っている顔なのだ。
コメント

boo店長を描いている。

2020年04月05日 | ユニークな作品達
4月5日

明日は母がショートステイ先から帰ってくるから今日は色々やれることを頑張っている。
Gallery booのboo店長を描いてはいたのだが、いつもの笑顔バリバリ猛突進の店長とは別犬ではないのか?なシックな色合いで粛々とした佇まいが店長の、フレブルの、新たな一面を覗かせて頂いたそんな感慨のかぶだよしです。
下書きのboo店長はもうあれ〜この犬は誰?みたいな感覚で描き終わりました。




この辺でもう店長じゃなくてテディ先輩?な感じになって焦りましたがどんどん店長に戻してゆきます。








そして、ダザしゃんさん(NYだからコロナが心配だす。)とこのエキゾチック・ショートヘアのかわいい猫は今モデリングペースト塗り込んでみたらカオスッ!怖っ!カオスofカオスッ!怖っっ!な感じになっていますおw




コメント

今、魔界のチワワ王を描いている。

2020年04月04日 | ユニークな作品達
4月4日

やはり、日程が遅れ気味なのだ。焦りながら制作進めています。
ダザしゃんさんとこのチワワ魔王がなにせスゴいのだ。
最初見たときはスルーしたかぶだったが、「チワワ?」で二度見した。「いや!これはチワワじゃない!」と焦った…そんな魔王だった。
もうこれは描くしか無いじゃないか!とワクワクした。
そんな写真を見ながらこの気迫を何とか出したいものだとあれやこれや考えながら進めています。この気迫の白濁した眼は多分あまり見えてはいないと思うのだが、そんなのお構いなしにこちらを見ている眼なのだ。












今はモデリングペーストでおでこの出こ具合を盛っています。
しかし、このチワワ魔王はラスボス感ありますおね。チワワの底力を見た思いですわ。
コメント

犬脚のスツールに載ったabstract F

2020年04月02日 | フレブル日記
4月2日

犬脚のスツールにリキテックス・ブラックジェッソで下地を塗った。脚付き黒樂茶碗みたくなった。
だが、見えなくとも足裏の肉球の所在は在るのだという塗り跡は残した。


この黒色のままもカッコいいもんだな〜とは思ったのだけど、ピンクのオルテガカラーを装着した「abstract F」を載せるので黒はシックカッコよすぎだと判断、ベルベット調の赤に決めた。そして、その赤の下支え下地色はオレンジを塗った。塗った途端、オレンジ色オムツを履いたフレブル・ブリンドルの下半身みたくなったw


そして、ベルベット調の赤に近づけてゆく為にねりねりねるねな感じで何色かの赤を塗りまくった。
犬脚部分には金箔を貼り、下地の黒色が金を重量感を持たせながらメタリック素材なのか?な勘違いを促すのだ。金地の引っかき傷から覗くブラックがまたなんとも言えぬ重厚感があってよい。


金金な金箔(偽物の金箔なんだよ)に金の鋲を打ったかのような金の装飾を施し犬脚スツールが完成した。
黒樂茶碗からメタリック金ピカカラーの脚となった。


早速、abstract Fさまを載せてみる。






そして、オルテガカラーを装着して完成となった。
abstract Fは塗装しません。このままでフレブルの抽象性の雛形としてドローイング的な立体として完成なのです。
これからまたピッチ早めて頑張らねば。
コメント (2)

遅れているのでピッチ上げている

2020年03月31日 | ユニークな作品達
4月1日

母の破壊活動後始末DIYだのショートステイ先からの脱走未遂事件など色々あったので途中制作が止まっていたりしたが脱線せずにどうにかこうにか作っている。

立体作品にピコ耳立ちの鋭角耳と鈍角耳を付けてみた。
鋭角耳↓

鈍角耳↓


研磨中の2匹↓

そうしてサーフェイサーを吹き付けられて白いむっちり茸のようになっている2匹。

個展案内DMハガキにも使った作品「abstract F」を乗せる犬脚のスツールも作ってみた。



犬脚には猫脚と違い剥き出しの切りそろえられた爪が付いている。ガニ股なのがフレブルっぽい感じで気に入っている。

「abstract F」を乗せてみたらスツールがまるで胴体のようにしっくり馴染んでいるのでこれでいこうと思う。

因みにスツールの脚は4脚ですのよ。
コメント

個展DMハガキ

2020年03月15日 | ユニークな作品達
3月15日
色々押しているので…いや、押されているのか?
よくわからないが、コロナ事情も鑑みて個展案内の文面は内容変更もあるので自宅プリンターで印刷とした。
タイトルは「振動…幽き。」とした。
魂が動く前の幽き振動みたいなものを感じながら大きなうねりに繋げていけたらと思って付けたタイトル。




アルコールインクで垂らして〜手法の目玉も出来上がり実験の収穫を祝う〜♪






来廊者数は伸びなくとも淡々と愉しく個展を開催します。
皆さまの健康をいつも祈っております。
コメント

ちまとおでじ

2020年03月05日 | ユニークな作品達
3月5日(木)

制作の合間に描いてみた。
むっちりなお尻時代のちまとアクビしたら何がなんだかわからない顔のおでじどよ。



コメント

色々作ってみている。

2020年03月04日 | ユニークな作品達
3月4日(水)

なんか所属しているIGANDAの先生やメンバーの方が「額なんて自分でつくれるんじゃーー!」と難なく言われてしまい「そーーゆーーもんんなんか?」と思っていたが、この機会に作ってみることにした。ぴったし45°合掌造りとはいかなかったがなんとか形にはなった。




あと、箱庭台インスタレーションの微調整も済み脚を付けようとしたら長さを測り違えており、やっぱバカなんだな〜オレ…と暫し悶々と過ごす。母がデイから帰ってきたのでまた明日木材は買いに行こうと思う。





本作品までに色々時間かかったのでピッチをあげようと思う。

コメント