軽井沢ル・ボン・ヴィボン

東京・吉祥寺の南欧料理Le Bon Vivantの姉妹店、軽井沢ル・ボン・ヴィボンのブログです。

居ずまいを正して

2019年04月25日 | お店のこと

こんばんは、シェフの梅田です。
いよいよゴールデンウィークのスタートです。

明日あたりから、ちょっと前倒しで始まりそうなので
ゴールデンウィーク前としては、今日が最終のブログ更新となりそうです。

うちは一般のお客様はほとんど来ませんから、ここまで少し時間はありました。
本当のシーズンはゴールデンウィークから始まります。
ほとんどのお席を常連のお客様が埋めてくださっています。

前例のない10連休ですから
事前にできる事はどんな小さな事でも全てやる
余っても仕方ないという覚悟で、ありとあらゆる食材を可能な限り手配しておく
そういう気持ちで
今日まで突き詰めて準備を重ねました。
それでも当日は追い付かないとは思いますが
「人事を尽くして天命を待つ」と胸を張って言える所までやりました。

今年はいつもよりピンと張りつめた感じがします。
あとは、居ずまいを正して時を待ちます。
しっかりとお客様にお食事を提供できるように。

次はゴールデンウィーク明けに更新いたします。

コメント

初夏の陽気

2019年04月22日 | お店のこと

こんばんは、シェフの梅田です。
今日はずいぶん暖かかったですね。場所によっては暑いという声も聞こえてきました。
調理場は熱が溜まりやすい事もあり、今日はシーズン初めてクーラーを稼働させました。

日課である夕方のランニング時にも、半袖で十分の気温で
爽やかな軽井沢の林の中を気持ちよく走る事ができました。

・・まぁ気持ちいいのは気候だけで
僕自身はガチガチの筋肉痛と踵の痛みとの闘いで、かなり苦しみながら走っていますが・・

ゴールデンウィーク中は練習ができませんから
今のうちに走れるだけ走っておこうという作戦で、ちょっと無理しているというのもあります。
ただ、走っているのは10km程度ですから
本気のランナーさんから見たら大した事はないレベルですねw


さて、話は変わりますが
僕はヨーロッパに出かけて、いつも感じる事があります。
それは「文化というもののあまりの大きさ」です。
僕自身はこういう仕事の性格上、食の文化に特化して勉強をしに行くわけですが
(どの文化でも同じことが言えるのでしょうけれど)
例えば食が食だけで独立して文化を形成しているわけではなく
歴史、地理、芸術、習慣、宗教、人種etc.
様々な要素が絡み合って一国の文化が形成され
一国の文化だけでも奥深い上に、言語は別々で
それぞれが輝きながらヨーロッパといった集合体を形成するという凄み。
これに圧倒されて帰ってくるわけです。

「この時代にあっても我々は何も分かっちゃいない」

断片では分かっている部分はあるけど
分野によっては理解の深い人もいるけど
それが「繋がっていない」のが現実。

だから、面白い。

こんな事がありました。
スペインのミシュランの星付きレストランで
ソムリエがワゴン(実際にはワゴンではなく、ものすごい演出でしたが)でアペリティフを運んできました。
「何を飲みますか?」
そこにずらりと並んでいたお酒の数々には、一本も知っている銘柄がありませんでした。
食後のケソ(チーズ)も然り。
僕はそれなりに知識があるはずなのに、です。

ポルトガルのポルトの町から
ドウロ川を100kmほど遡った場所にあるドウロバレー(ドウロ渓谷)は、世界遺産にも登録されているポルト酒の大産地です。
一口にポルト酒と言っても本当に様々で、
それぞれの地域、ブドウの品種、
甘い物から、そうでない物まで、赤も白も、強化ワインやディジェスティフも
本当に選び切れないほどの奥深さ。
原産地呼称制度といえばフランスやイタリアが(日本では)有名ですが、
この国ではもっと古くから、そういう制度が確立していたという歴史も学びました。

たまたま分かりやすいようにと、お酒の話ばかりになりましたが
こんなのは、ほんの一例に過ぎません。

ここでは、ありとあらゆる物が勉強であり発見です。
知ろうとすればするほどにカオスであり、そこが僕を魅了します。

現地からのtwitterでは思わずこんな事を呟いていました。


そういう経験を通じての僕のお店。
だから僕は独自路線を貫いています。

ちょっとした何かが皆様に伝わればいいな、と思う毎日です。

コメント

試作を重ねて時を待つ

2019年04月18日 | お店のこと

こんばんは、シェフの梅田です。
もうそろそろ「嵐の前の静けさ」に入った感じでしょうか、
僕のお店だけかもしれませんが(汗)・・軽井沢はやや静かな感じがします。

色々バタバタしていましたが、帰国して一週間が経ち
個人的にもようやく落ち着きを取り戻してきました。

帰国してすぐは、やはり時差の関係でしょうか
眠りが安定しなくて中々疲れが取れずにいましたが
ここ2~3日よく眠れたので、これで一息ついた感じです。
やはり眠りは大切です。

今日は、時間と心に少しの余裕が生まれましたので
新メニューの試作をして、夕方にランニングを再開しました。
こうなれば一安心。

あとはゴールデンウィークのスタッフが決まれば。。

こればかりはご縁の物ですが
オンとオフの落差の激しさは、軽井沢で商売をする難しさの一つです。


先日の更新でも同様のご案内をしましたが
ゴールデンウィーク期間中のご予約は
初日の4月27日と最終日の5月6日にお席の空きがあります。
日によっては、20時半位~のお席をご用意できる場合もありますので
遅めの時間からのスタートで構わないお客様は是非ご連絡ください。
(期間中のランチタイムはお休みさせたいただきます。)

今の時点で、できる準備を淡々とこなしながら
ゴールデンウィーク当日を待ちたいと思います。


コメント

ゴールデンウィークの予約状況

2019年04月16日 | お店のこと

こんばんは、シェフの梅田です。
めずらしく深夜にブログ書いてます。

暖かくなったせいなのか、軽井沢ハーフマラソンに出場する人が練習しているのか
軽井沢では昼間、たくさんのランナーを見かけます。

理由が前者ならよいのですが
僕はこのところ練習できていないので、後者の場合ちょっと焦る気持ちになりますw

でも今はとにかくゴールデンウィークの準備を優先しないと、時間がありません。
もうすべてがギリギリの綱渡り状態ですが
振り返ってみれば僕の人生はいつもそんな感じかも。。

現在のゴールデンウィークの予約状況ですが
17時半~18時の、夕方スタート時間に空きがある日は
4月27日と5月6日です。
ゴールデンウィーク期間中のランチはお休みします。
(まったくやれる状況ではないと思いますので・・)

あとは日によってですが
20時半スタートくらいでしたら、お席がご用意できる日もありますので
遅い時間でも、ご予定の都合が付く方がいらっしゃいましたら
ご連絡をお待ちしております。

本当に迫ってきました。
接客をお手伝いしてくれるスタッフさんも鋭意募集中です。
よろしくお願い致します!!

コメント

ゴールデンウィークが近付きました。

2019年04月14日 | お店のこと

こんにちは、シェフの梅田です。

欧州での10日間、強烈な刺激を受けて戻って参りました。
一言で言えば「時代は着実に進んでいる」という事を実感しました。


余韻に浸る暇もなく
もうゴールデンウィークも間近となり、焦る気持ちでいっぱいです。
まだまだ帰国後のバタバタが続き、ゆっくりとブログを書く余裕がないのですが
とりあえずこれだけ。

ゴールデンウィークの短期のヘルプができる人募集中です!!!!
「夕方から夜の間で接客を補助してくださる方」
よろしくお願い致します。




コメント