軽井沢ル・ボン・ヴィボン

東京・吉祥寺の南欧料理Le Bon Vivantの姉妹店、軽井沢ル・ボン・ヴィボンのブログです。

信州の果物

2014年03月27日 | お店のこと

信州はフルーツ王国。
旬のフルーツの美味しさは至福です。



これ、一見何の変哲もないソルベ(sorbet・シャーベット)。
左が更埴のあんず、右は上田の洋梨でル・レクチェです。

そう。本物のフルーツをコンポートにして、
そこからピュレを作ってソルベにしているんです。

当たり前に思うでしょ?

そうでもないんです(笑)

当たり前は当たり前でも
美味しくて当たり前。

食べてみてください。違いは明らかです。

先日のブログ更新で野菜の話をしましたが、
野菜だって採ってきてすぐに使えるわけではありません。
果物だってそう。

延々と下処理、下準備をして
やっと使える形になります。
疲れて泣きたくなる時もあります。

だけど、これが本物です。

コメント

野菜のお話。

2014年03月23日 | お店のこと

そろそろ春の便りが聞こえるようになりました。

信州の野菜のシーズンはもう少し先ですが
今日は僕のお店で使う野菜のお話をします。

このブログをいつも見ていてくださる方にはお馴染みですが
オンシーズンのLe Bon Vivantの野菜は
ほとんど佐久の契約農園で僕が自ら収穫して使っています。

 

これがその農園の風景。
左はディル、その向こうは落花生。
右の写真はシシトウ。

これ、農家さんの自家用畑です。
(本業はトマトとお米。こちらも最高の品質です)
もちろん無農薬。雑草もボーボーです(笑)

蛙もいっぱい。これは茄子。


自家用畑にお邪魔して、欲しい時に欲しいだけ収穫してくるんです。

野菜のシーズンが始まれば
お店の定休日は、僕は必ずここに来て収穫をして、
採ったらすぐにお店に戻って黙々と下処理をします。
 

採り切れないほどのバジル。オクラ。紫蘇。
  

ロマネスコも、モロッコいんげんも。

 
欲しい野菜はなんでもあります。
なんでも作ってくれます。

ここの家の若奥さんは元ル・ボン・ヴィボンのスタッフなので
僕が欲しい野菜を熟知しています。だから安心。

僕のお店が忙しい時は
注文しなくても
適当に見繕って届けてくれます。ますます安心(笑)

ご近所のネットワークがあるので
信州で採れるフルーツもほとんど揃います。

   

もちろん本業のトマトは最高の品質です。
首元まで真っ赤に完熟。


他のお店とも契約すればいいのに…とも思うのですが
「数量や納期を指定されるのが負担になるからやらない」との事。
なんとも欲のない話です。

今その野菜を手にしているのは僕のお店だけ。

これが僕のお店の強み。

野菜の下処理を全部自分でするのは本当に大変だけど、
そのありがたみを知るという事は大切です。

確かに野菜が揃わない事もありますが
他にも、お付き合いのある農家さんもありますし、
近くの直売場にも、新鮮な野菜がてんこ盛りです。

もうすぐです。野菜の季節。

こんな野菜を使っているんだと、
皆様に知ってほしくて、
心躍る春への期待も込めてネタにしてみました。

コメント

春休みです。

2014年03月19日 | お店のこと

そろそろ、平地では桜の便りも聞こえてくる季節になりました。

軽井沢でも昼間はかなり暖かく、
ちょっとの外出ならコートが要らない事もあります。

三月の晴れ間は気まぐれですが
太陽は高く、空気は澄んで、
軽井沢の空の青さは本当に清々しいと思います。


週末の3連休あたりから本格的な春休みとなりそうですね。
長野新幹線に新型のE7系が走り始めたなんて話題もあって、
かなりの人出が予想されていますので、
念のため、ご予約はお早めにお願いいたします。


また春からの新スタッフも募集中です。

GWでの短期のアルバイトスタッフ。

長期でできる正社員の方も募集中です。

料理、ワイン、製菓、製パン、接客などに
興味がある元気な方のご応募をお待ちしています。
経験者は優遇いたします。

忙しい時には本当に大変な仕事ですが、
一つ一つ心を込めた物作りを大切にする
とても真面目な職場です。

今シーズンは
さらに進化できるように気合を入れて臨みます。
是非一緒に良いお店を作っていきましょう!

連絡はメールまたはお電話で。
担当 梅田正克 

コメント

お店の準備

2014年03月18日 | お店のこと
今日は水曜日(明日)の振替で臨時休業。
この冬は、ずっとお店を開けていましたが、
冬モードと言う事で全てが控えめでしたので、
徐々にペースを上げていく必要があります。
春を迎えるためには色々な準備があり、
出費もかさみます。
一番苦しい上り坂を息絶え絶えに登るような感じ、
まさにラストスパートです。
今日はそんな感じの一日でした。

そんな息苦しい気分を転換するために
今日は一日の最後に、久々にちょいと運動をしました。
いやはや、雪掻き程度じゃ運動は足りてないですね。。
最近スノボをしてない事もあり
もうちょっと普段からやらないと…って感じです。

というわけで
明日は通常営業致します。
皆様のお越しをお待ちしています!
コメント

臨時休業

2014年03月18日 | お店のこと
明日、水曜日は定休日ですが営業致します。
また、それにより
本日火曜日は、振替のお休みとさせていただきます。
よろしくお願い致します。
コメント

やっと春の陽気です。

2014年03月17日 | お店のこと

軽井沢も、長い長い冬のトンネルをやっと抜けそうな感じです。
昼間はずいぶん暖かくなりました。

とはいえ、軽井沢の標高は約1000mですから、暖かいといっても10℃を超えるくらい。
まだまだ夜は冷え込みます。

先日の豪雪災害から、すでに一か月が経ちましたが
お店の駐車場はまだこんな感じ。


雪の壁は1m以上。

 
特にお店の正面は北向きですから、
この雪が溶けるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。 

そろそろお客様も戻ってきました。
今度は忙しい方の対策もしていかなくてはいけません。

まずはGWでの短期のアルバイトスタッフの募集をいたします。
もちろん、長期でできる正社員の方も募集中です。

料理、ワイン、製菓、製パン、接客などに
興味がある元気な方のご応募をお待ちしています。
経験者は優遇いたします。

忙しい時には本当に大変な仕事ですが、
一つ一つ心を込めた物作りを大切にする
とても真面目な職場です。

まだ具体的な発表はできませんが、
今年は大きな仕事をする予定です。
是非一緒に。

ご連絡はメール(ホームページに連絡フォームがあります)
またはお電話で。

担当 梅田正克


コメント

祈りの後に。

2014年03月11日 | 散文

東日本大震災から3年。 

今日は一日
3年前のあの日から、今日までの事を考えていました。

考えているだけ。
自分が不甲斐ないと思う気持ちばかりが先走ってしまい、
なんて言うんだろうか、この体が動かない感じ。

多分、心が冬に支配されているんだと思う。
先日の大雪災害の記憶から抜け出せていないのかも。
いけない、いけない。

冬の出口となる3月は
こんな気持ちになりやすいみたいです。

今日は少しだけ春の兆しが見えました。

明日から暖かくなるそうです。

お彼岸にはちょっと早いけど
父のお墓参りに行ってこよう。 

コメント

あれから3年

2014年03月11日 | 東日本大震災

時間が経つのが早いです。

どんなに大変な事が起きても、
どんなに苦しい事に直面しても、

時間は止まらない事を知りました。


今あらためて
犠牲になった方々のご冥福をお祈りし、
被災した地域の一日も早い復興を願ってやみません。

 

コメント

言葉のお勉強。

2014年03月06日 | いろいろ

寒い時期は、収入が僅かである事(汗)と引き換えに
自分の時間が取れるという事も確かです。

これを無駄にすれば罰が当たります。

罰はもとより、進歩しないんじゃ人としてダメだ。

もちろん料理のお勉強はしなくちゃいけない。

お店がオンシーズンに入ったら、何をしていくべきか。
そういう事も今のうちに考えておかないと、後で大変な事になる。

やりたい事はいつでもいっぱいだけど、
同時にたくさん手を付けると、かえって良くないかな(笑)

僕はこの歳でも
もっとフランス語を上手になりたいと思っている。
文法じゃなくて、コミュニケーションの道具としてもっと使えるようになりたい。

今、僕が持っている映画(洋画)のB-rayにはたくさんの言語が付いていて、
その中にフランス語の吹き替えと字幕があるので
今はそれを使って楽しみながら勉強中。

これは、結構学ぶ事が多いです。
ベースが映画ですから、
こんなシーンで、こんな言い方をするという事がよく分かるし、

また、英語音声や英語字幕との比較をする事で
翻訳、意訳のアヤも学ぶ事ができます。

フランス語でも英語でも
文語と口語の違いがあるのも楽しいです。

一旦停止して字幕をじっくり読むもよし。
巻き戻して聞き直すもよし。
日本語字幕に切り替えて意味を確認するのも簡単。

登場する人名や地名を調べる事で、
単語の持つ意味や、歴史的背景を知ることもしばしば。

もちろん、覚えた事を使う場がないといけませんが、
それは自分でしっかり作っていきます。

そんな事がとても楽しいのですが、
春が近付くにつれ、そろそろ残り時間も少なくなりました。
何事も継続は力なりですから
自分なりに続けていきたいなと思います。

コメント

連続更新です。

2014年03月06日 | お店のこと

4月から消費税率が8%に上がります。

Le Bon Vivantでも、消費税率の変更による価格の改定をいたします。

4月1日より、
お昼のコースを3000円、4500円、6000円に。

ディナーのコースは6000円、8000円、10000円と致します。

飲料の変更は僅かです。
ワインなどの輸入物の飲料に関しては、ユーロ高による価格改定を中心に、
状況に応じた調整を随時で実施しています。

価格の改定と共に、
より良い物をお客様に提供するため、さらなる努力を続けていきたいと思います。
ご理解宜しくお願い致します。

世の中、増税前の駆け込み需要で湧いていますが、
食品の世界では消費税率のアップの前に、
すでにインフレと円安に伴う値上げのラッシュになっています。

2~3年前に比べると最近は
全ての物がびっくりするほど高くなりました。
ただ、僕の感じる所では、
食品の値段だけは、それ以前のデフレ時代を通じて、ずっとジワジワ上昇のイメージです。

その要因は原油高だったり、異常気象だったり、疫病や生産調整が引き金だったり。
それがここへきてまた一段上昇+消費税率アップ。

世界的に見ても食をめぐる環境はますますタイトになると思いますから、
僕は価格の自然上昇は仕方ないと思っています。

だけど食品に関しては、生活の根本ですから、たとえ計算が複雑でも
先進国に見習って軽減税の導入は必要ではないかと考えています。 

これ、別に
僕自身が食に関する仕事をしているから…というわけではありません。

話は飛びましたが、
ワインをはじめとするヨーロッパからの輸入品は本当に高くなりましたね。 
ユーロが4割近く値上がりした割には抑えられていると思いますが
仮にユーロが値下がっても
もうあまり変わらないだろうなと。。

世の中なんだか難しいね。

コメント