軽井沢ル・ボン・ヴィボン

東京・吉祥寺の南欧料理Le Bon Vivantの姉妹店、軽井沢ル・ボン・ヴィボンのブログです。

秋のメニュー

2013年10月28日 | 吉祥寺
このところ、イベントやら何やらと
忙しい日々が続き
「本来僕がやるべき事」が後送りになっていたような気がします。

時間がなくて
ブログでは発表できなかったけど
その間も
お店はどんどん次の目標へ向かって歩みを続けていました。

というわけで
遅ればせながらですが、
秋のメニュー全開でシーズンの残りの日々を走り抜けようと思います。

コメント

第2回・軽井沢ぐるっとバル

2013年10月26日 | 軽井沢の話
以前にもお話しましたが

「軽井沢ぐるっとバル」
ルボンヴィボンの参加は明日27日のみとなります。

御用意するメニューは



北海道サロマ湖から直送の最高のムール貝を使って
ムール&フリッツ



同じく北海道サロマ湖産・シングルシード養殖のプレミアム牡蠣の
孤太郎牡蠣を使って
生ガキ&フリッツ


もうこれは贅沢の極みです。


牡蠣はバルチケット一枚で1個です。
追加は1個ごとに400円(バルチケット一枚で2個)となります。



選択できる飲み物は
熱々のヴァンショー(ホットワイン・低アルコール)と
ジュドポンムショー(ホットりんごジュース)

グラスワイン赤・白
りんごジュース

となります。

※それ以外のお飲み物、お食事は
定価での販売となります。


ヴァンショーはこんな感じ。
写真はあくまで「イメージ」ですが

ワインに様々なスパイスやフルーツを加えて作る
温かいワインです。

寒い夜のヨーロッパのクリスマスマルシェの香りがします。



ジュドポンムショーもただのホットアップルジュースじゃありません。


ヴァンショーのりんごバージョンで、優しいエピスの香りです。



それでは明日。
この温かみを是非。
コメント

今週末のご案内

2013年10月24日 | イベントのご案内
台風が心配な週末ですね。

しかし、10月も末だというのに次々と台風がやってきて
予定が立てづらい日々が続きます。

今週末のお店の営業予定のご案内です。

24日(本日)木曜日は通常営業。

明日、25日金曜日は出張のため、ランチ・ディナー共にお休みといたします。

土曜日は通常営業ですが、
お店の都合により「第2回軽井沢ぐるっとバル」には参加致しませんのでご注意ください。

日曜日は昼・夜とも「ぐるっとバル」に参戦させていただきます。
おつまみはムール&フリッツ、生牡蠣&フリッツ。
お飲み物は熱々のヴァンショー、ジュドポンムショーをご用意して皆様をお待ちしております。


コメント

臨時休業のご案内です。

2013年10月21日 | お店のこと
10月25日(金)は出張のため
ランチ・ディナー共にお休みとなります。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
コメント

第二回ぐるっとバル

2013年10月19日 | イベントのご案内
直前の告知となってしまいましたが、

諸事情あって
ル・ボン・ヴィボンの参加日程が変更となりました。

当店の参加は「27日のみ」となります。

楽しみにしてくださっていたお客様には大変申し訳ありませんが、
是非27日(日)にお越しくださいませ。

よろしくお願い致します。
そして、お待ちしております!

コメント

セウタ

2013年10月08日 | 吉祥寺
つぶ貝のチリソース煮込み。通称セウタです。



先日フォアグラのココットと間違えてアップしてしまった画像です。
間違えた方は既に修正済みなので、今回は仕切り直しで登場(笑)

そもそも「セウタ」って何??って話ですよね。

モロッコとスペインの国境、
ジブラルタル海峡にあるセウタ島と言う小さな島の名が由来だと聞いていますが
それ以外は謎(笑)
セウタ島の名物でもありません

多分イメージでつけられた名前だと思うのですが…。
逆に誰か知っている人がいたら教えてほしいくらいです

とにかくこの料理は辛いので
食事の一番手には向かないような気もするのですが、

吉祥寺のLe Bon Vivat本店がまだビストロだった頃や、
その親元でもある粟島通りのドマーニを知っている人たちは
合言葉のようにこう言います。

「まずビール。それとセウタ」
一番手なんですね、これが。

僕のお店ではこんな一品も
伝承料理として、ビストロとして作り続けています。
コメント

秋ですね。

2013年10月06日 | 料理の話
まだまだ日中は暑い日もありますが、
朝晩は寒ささえ感じる時もある最近の軽井沢です。
少しずつ季節が進んでいきます。
秋を感じる事が多くなりましたね。

秋を一番感じるのはやはり食材です。
そして食欲の秋ですから
食べ物の誘惑には逆らえません(笑)

そしてさらに
コックリした食材が美味しく感じますね。
自然の摂理から言えば
冬眠前の蓄えなのでしょうか(笑)



これは我が家の定番メニュー
フォアグラのウ・ココット。
ココットの下に忍ばせた半熟玉子と
フォアグラ、キノコ、フォンドヴォーが
絡み合って、至福の味わいです。



こちらは紅玉りんごのクルスティアン
レストランならではの
焼き立ての熱々、温製デセールです。

パリパリのパイとカスタード。
紅玉りんごの酸味。
ブルボンバニラのアイスクリームとの相性も抜群です。

天高く馬肥ゆる…(笑)
コメント

ニース風サラダ

2013年10月05日 | イベントのご案内
サラダ・ニソワーズ。いわゆる「ニース風サラダ」ですが
南欧を代表する料理のひとつ。

派生したようなサラダは世界中にあります。
それだけ恒久的なのかもしれませんね。
要は手近にある物を適当に詰め込んだサラダなのですから。

だけど、そんな物だからこそ地域性が出ます。
その中でも黄金比のような模範的な存在。それこそがニソワーズだと思います。




音楽と美食の祭典2013での
料理のもう一つの案内がこのニソワーズです。

試作した後、
僕のお店のオリジナルの「アンチョビヴィネグレット」で食べました。
吉祥寺の本家「Le Bon Vivant」から受け継いだ伝統の味です。

もうこれ、バゲットが止まりません(笑)

以上3点。

おさらいすると


ムール&フリッツ



サラダ・ニソワーズ



銘柄豚のプロヴァンス風

南欧の輝く太陽を感じてください。
コメント

音楽と映像と。

2013年10月04日 | 旅の話
今回の「音楽と美食の祭典2013」では
新たな試みとして、音楽と映像のコラボレーションを企画しています。

今年の演奏のテーマは「南欧」です。
マンドリンの発祥の地・イタリアを中心に、
南欧各地に由来する楽曲をピックアップした演目となりますので
それにあわせて


ルボンヴィボンが所有している、南欧のオリジナルの写真の数々を
バックスクリーンに投影して
演奏と共に皆様に楽しんでいただこうと思います。

南欧の風景と演奏が重なる事で
より深く曲の世界観が表現できれば最高です。

お楽しみに。


そしてこちらは今日改めて撮ったイベント当日の前菜で、ムール&フリッツ。



ムール貝はやっぱこれでしょ。
もちろん撮影後に試食しました。最高です(笑)

すっきりとしたソーヴィニヨン・ブランあたりが良いかな~

10月14日(月)12時開演。お一人3500円。

お席はあと少しです。是非!
コメント

第二回・軽井沢ぐるっとバル~秋

2013年10月04日 | イベントのご案内
軽井沢ぐるっとバル。

Le Bon Vivantの参加は26・27日になります。
前回は「バル」と言う事でスペインにリスペクトメニューでしたが

今回は、うちの看板メニューであるサロマ湖の孤太郎牡蠣、ムール貝。
こちらをお出しします。


牡蠣かムール貝で選択できるようにします。
いずれもポムフリット(ポテトフライ)を添えてお出しします。

写真はイメージです。当日はチケット1枚で牡蠣は1個と飲み物がセット。
さらにバルチケット一枚追加で、牡蠣を2個(もしくは牡蠣と飲み物)プラス致します。

生牡蠣やムール貝の白ワイン蒸しで白ワインをキュッとやるのは
まさにフランスのビストロのイメージですね。
そしてそれはそのままLe Bon Vivantのイメージでもあります。

是非ビストロの楽しさを体験してください。お待ちしております
コメント