軽井沢ル・ボン・ヴィボン

東京・吉祥寺の南欧料理Le Bon Vivantの姉妹店、軽井沢ル・ボン・ヴィボンのブログです。

バル前日

2013年06月27日 | 軽井沢の話
軽井沢ぐるっとバルは明日になりました。

そうだ、ちょっと言い忘れていました。

ルボンヴィボンはバルに参加しますが、
もちろん通常営業もやります。いつも通りお店にお越しいただいて大丈夫です。

お店のキャパシティには十分な余裕がありますし、
まだまだ予約もお取りいただけます。
(バルイベントでの予約はお取りしていません)

スタッフもきちんと揃えて万全の態勢で臨みます。

ご入店の際に、バルイベントでお越しになられたのか、
通常予約でお越しになられたのか、をお知らせください。
お席へご案内いたします。

昨日バルイベントの無料循環バスの停車駅とタイムスケジュールが発表されました。

時計回りと反時計回りがあって、
ルボンヴィボンの停留所は「時計回り」の場合、ちょっと離れています。
「軽井沢中学校前」という事なので、
今日は試しにそこを歩いてみました。


え~、軽井沢中学校から国道18号を渡って、塩沢通りのしなの鉄道を渡る踏切です。


渡った所。


前の写真の横断歩道を過ぎて、穴が見えてきます(笑)


穴の入り口


実際には長野新幹線をくぐっています。
この辺はまだ新幹線は地上ラインを走っていて、
加速をかけていく新幹線は結構迫力があります。


出口の明かりが見えてきました。


出たところ。


てくてく


てくてく、もう見えてきました。


左がお店です。



パンパカパ~ン、到着です。

夜もトンネル内は十分に明るくて、歩きやすい道です。
(この辺の夜道はと~~~っても暗いですから、かえって楽)

ちゃっちゃと歩いて3~4分、ちんたら歩いて5分くらいです。

ちょっとご不便をお掛けしますが
多くの皆様のお越しを心よりお待ちしております。

また再度のご案内になりますが
「通常営業もやっております」
どうぞお気軽にお立ち寄りください。
コメント

軽井沢ぐるっとバル

2013年06月25日 | 軽井沢の話


こちらです。

6月28・29日の軽井沢ぐるっとバルに参加する事にしました。
もう既にfacebook上では、先行してメニュー発表をしていますが、
ブログで改めてお知らせいたします。


普段はフレンチだけど、
バルと言うからにはスペインでやってみよう。
それが僕のコンセプト。

理由??「スペインバルが好きだから」に決まってるでしょう(笑)

お店の特徴を出す方が「軽井沢ぐるっとバル」のコンセプトに近いかもしれないけど、
色々やれるのが僕のお店の特徴でもあるから、そこはOK。


セットA

ピンチョス3点盛り


「ガンバのロメスコ」
ガンバは海老の事です。
ロメスコとはパプリカやトマト、アーモンドなどで作る、スペイン料理では代表的なソース。

「鶏もつのオリーブ油煮込み」
新鮮な鶏もつを、EXバージンオリーブオイルで丁寧にソテーして、味を凝縮していきます。
これ、僕の大好物で、ワインが止まらなくなるおつまみです。

「ソパデアッホ」
言わずと知れた、スペインのにんにくのスープです。
ハモンとの組み合わせもピンチョスならでは。

セットB


信州産・鹿の煮込み
ハンガリアン・グーラッシュ風に仕立て、ポムフリットと共に。

ほろほろに煮込んだ鹿肉の柔らかさと
味わい深いグーラッシュの美味しさ。パプリカのパンチが効いています。

セットA・B共通で、飲み物は
スペインの発泡酒「カヴァ」に、旬の青梅のコンポートを落としたロワイヤル。
(ノンアルコールバージョンも用意いたします)

丁寧に、丁寧に仕込んでいます。

まずは皆様に僕のお店を知っていただきたいから
採算は度外視での参戦です。

チケットは当店でも前売りしています。
是非ご参加くださいね。
コメント

南欧料理は便利なカテゴリ

2013年06月23日 | ちょっとしたこぼれ話。
南欧料理。
これは吉祥寺のルボンヴィボンから、受け継いだ肩書き。
吉祥寺では、それについて
お客様にはこんな風に説明していました。

「地中海沿岸の国々の、いい所取りの料理です。」

実にアバウト(笑)

オーナーのトシさん曰く
トルコからギリシャ、イタリア、フランス、スペイン、モロッコに至るまで、
美味しければ何でもあり。
それが南欧料理。

地理が分からない人は、地図を広げて確認しましょう。
大切な部分です。
試験に出ますよ~。(^_-)

話を戻して、
こういうカテゴリは
実際のヨーロッパには多分ないな(笑)

でもメリメロはある。

まだメニューは決めてないけど
来週の軽井沢ぐるっとバルでは
ちょっとスペイン寄りに行ってみよう。
大好きなサンセバスチャンの風景を
思い浮かべながら。
そういう気軽さが僕のお店のウリだからね(^ ^)




コメント

更新サボってます

2013年06月20日 | いろいろ
何だかバタバタせわしない日が続いています。

夏の準備、色々あって。
お店も何となく賑やかで。

更新をサボっている時というのは、
実は一番ネタがある時なので
何とかブログを書きたいのですが
うまい事いきませんね(^_^;)
コメント

孤太郎ちゃん。

2013年06月14日 | 食材の話
この週末もう一度、サロマ湖からやってきます。
「孤太郎牡蠣」
蒸し暑い時期にキンキンに冷やした牡蠣と白ワイン。
なんて贅沢。

シャンパーニュもいいね
フルサイズから、ハーフ、クオーターも揃ってます。

キュ~~~って、感じですね。

誘惑に負けて、賄いでやってしまいそう(笑)



写真は先週のだけどもう一回載せちゃいます

そうそう、6月28・29の「軽井沢ぐるっとバル」の
チケット販売開始しました。

お気軽にお立ち寄りください。

専用メニューをただいま考え中。お楽しみに!
コメント

夏の準備。

2013年06月13日 | 新しいお店の話


もう夏がそこまでやってきています。
昨年はまだ、お店をやるだけでも無我夢中で、何も出来ていませんでしたから、
今年は、色々なチャレンジをして行こうと奮闘中です。
夏の準備も急ピッチに進めないと間に合いません。

トンボ帰りIKEAもこれで三回目(笑)
散財しまくり~(^_^;)
もうちょっと近くにあるといいのにな。。
コメント

軽井沢ぐるっとバル

2013年06月12日 | 旅の話
六月の最終の金土曜日(28・29日)に開催される
軽井沢ぐるっとバルに参加します。

僕のお店はフレンチだけど、バルと聞いたら黙っちゃいられません。
本場スペイン、サンセバスチャンのバル巡りを4回もやった経験は伊達じゃない。

コンチャ湾の美しい風景。
旧市街のそぞろ歩き。
大西洋のオーシャンビューのホテル。
バスクの美食。
全てが僕の大切な経験。

写真は大西洋の真珠と言われる、コンチャ湾(サンセバスチャン)の夕景です。

この日ばかりは
フレンチである事なんて忘れて
バルで楽しみたいね。
ちなみに「バル」って言う時は、ちゃんとスペインじゃないとね。
僕はそれ、礼儀だと思ってる。

ピンチョス考えよ。
ワクワク。

コメント

心は燃えていますか。

2013年06月10日 | 新しいお店の話
軽井沢にお店を移転して、間もなく一年です。
シーズンインして、日々忙しくなってきました。

今の軽井沢の環境は、とにかく刺激的で
楽しくて仕方ありません。

色々やりたい事がたくさんで
勉強する事がたくさんで
毎日の充実を実感しています。

こんなに目標がたくさんあるってすごい。

僕は勉強が大好きだから
課題が多いと燃えます。

勉強の時間が足りなくて辛いけど、
こういう状態は大好き。

軽井沢で出会える人。食材。
軽井沢ならではの仕事。
楽しいです。

ここに移転して本当に良かった。

今シーズンは心が熱く燃えています。
コメント

サロマ湖の牡蠣

2013年06月07日 | 食材の話

サロマ湖のシーズン最後の冬牡蠣が到着しました。
銘柄牡蠣で「孤太郎」と言う
とても美味しい牡蠣で
ボンヴィボンのホタテ貝、ムール貝、牡蠣はいつもこちらの生産者から、
最高の物を直接届けてもらっています。
サロマ湖は、冬の間全面凍結するので冬季は漁ができません。
牡蠣を初めとする貝類も
湖の底深くに沈めて凍結から守ります。

従ってサロマ湖の牡蠣は
春に氷が溶け、水温が上がり、眠りから覚め、
活性が再び上がる頃に、もう一度旬をむかえるのです。
今、かなり良い身入りです。
この週末、是非!
コメント