軽井沢ル・ボン・ヴィボン

東京・吉祥寺の南欧料理Le Bon Vivantの姉妹店、軽井沢ル・ボン・ヴィボンのブログです。

夏休み直前の

2019年07月08日 | お店のこと

こんにちは、シェフの梅田です。
今年は梅雨らしい天気が続く軽井沢です
そして中々梅雨が明けませんね。
昨年は6月中に梅雨が明け、6月から真夏モードで働いていたことを思い出します。

そうこうしているうちに夏休みが迫ってきました。
まずは最初のピークは海の日の連休です。

もうすでにほとんどのお席は予約で埋まっていますが
20時台など、時間をずらせばお取りできる枠もありますので
是非ご連絡くださいね。




今年も本格的な繁忙期を前にして
新しい食材が続々と登場しています。
信州産の赤身牛肉「白樺若牛」もその一つ。

短角牛とアンガスの掛け合わせで、僕の大好きな赤身の牛肉
焼き目が香ばしくておいしいお肉です。

下の写真は、とろける脂が評判の富士幻豚
驚く事に脂っこさは全く感じられません

こちらは山梨の富士宮から。
富士幻豚は生産数が少ないため、数量を決めて年間契約で取引を交わし
定期的に部位をランダムにチェンジしながら入荷します。



僕にとって軽井沢は、信州でありながら東京でもあり
ここでお店をやっている以上「僕の世界の中心」でもあります。
だからこそ、地域という枠を意識しつつも
見つけてしまった美味なる食材は、国内外を問わず貪欲に取り入れて
皆様をお待ちしたいと思っています。

この夏も皆様のお越しをお待ちしております


コメント   この記事についてブログを書く
« また夏がやってきました | トップ | 夏休みに入りました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お店のこと」カテゴリの最新記事