風来坊参男坊

思い付くまま、気が向くまま、記述する雑文。好奇心は若さの秘訣。退屈なら屁理屈が心の良薬。

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺

2021年12月03日 08時46分45秒 | 随想

奈良斑鳩法隆寺の門前町龍田に住む叔母が最近叔父を亡くし一人暮らし、老夫婦2人で出掛ける予定だったが、次男の息子家族5人が同行したいとの希望を聞き入れ、8人乗りのボクシーに相乗りしてご機嫌伺いに出掛けた。

名古屋へデミオで高速走行、ボクシーに乗り換え引山ICから名古屋第二環状自動車道で名古屋南JCT、伊勢湾岸自動車道で亀山JCT、名阪国道で天理IC、西名阪自動車道で法隆寺iCで高速道路に別れた。

180キロ程を3時間弱の所要時間、高速料金は平日なら3440円であるが日曜割引きで2740円だった。一人当たり400円程で格安感が強い。

駐車料金500円を支払い、法隆寺を見学しようと思ったのであるが大人1500円、子供750円の金額を見て、ビックリ仰天、小学6年生の初孫が最近修学旅行で入場済みを理由に、割愛した。

東院伽藍夢殿まで散策したが、入場料が300円と150円、修学旅行の混雑を理由に引き返した。

和を以って貴しと為す聖徳太子の法律哲学もアベノミックスの経済一辺倒で花より団子、世間は仏教思想の勿体無い・質素倹約を失念し心が荒み、伝統の日本文化は衰退するのだろうか。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 社名募集 | トップ | 珍しい宝物 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

随想」カテゴリの最新記事