シンガポール☆スリング

チェコに続き、海外気まま一人暮らしの社会人生活inシンガポール。たまに行く旅もやめられません♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

違いの分かる女

2010-03-05 | カレーなるスリランカ
いい大人だし、そろそろ「違いの分かる女」になりたいんだけどなぁ。





スリランカといえば・・・カレーの次は紅茶!




「やっぱり、ヌワラエリヤ産の紅茶は違うね」なーんて。




しっかし紅茶の世界も奥深い(><)
産地の違いだけじゃなくて、茶葉の区分もご覧の通り。複雑です。
説明聞いたけど、
「茶葉が大きい=あっさり=ストレート向け」
「茶葉が小さい=濃い=ミルクティー向け」
みたいなことしか覚えてない・・・・




というわけで、やってきたのはイギリス統治時代から紅茶のプランテーションに囲まれ、
風光明媚な高原避暑地としても名高い
ヌワラエリヤ(Nuwara Eliya)




お茶の葉を一枚一枚摘み取る作業をする女性たち。
大きいカゴに山盛りにしながら急斜面の畑での作業が続きます。




工場も見学。毎日大量の茶葉が運び込まれてきます。
工程が進むごとに各部屋に漂う香りが変化していくのもまた一興。
そしてやっぱり調子に乗って紅茶を買ってしまう。




空気がすっごく爽やか。それもそのはず、標高1800m。
朝晩は霜がおりることもあるとかで、寒さに弱い私は薄手のダウンジャケット持参。
(どんだけ寒がり!)

スリランカ人にも
「えっ?雪は降らないよ・・・」
と冷静にツッこまれました。
しかも昼間は日差しがけっこう熱かった・・・・
 



茶畑好き。
茶畑に限らず、「○○畑」ってたまらない。
同じものがずらーーーっと連なってるのがツボ。




散策中に見つけたスローガン(?)みたいな絵。




短期旅行なら日帰りで訪れる人も多いみたいだけど、ここは優雅に一泊。
茶畑を眺められる部屋で景色独り占めだーーーい!



しかし・・・・


ほんとの紅茶って繊細なのね。
普段「リ○トン」、しかも時間経ちすぎて濃くなったやつとか、
ミルク&砂糖たっぷりのマレー風「テ・タレ」とか、
スパイス入りのインド風「チャイ」とかしか飲んでないから
ストレートティーの味わいポイントが今ひとつ掴めなかったよ・・・・・

というわけで、「違いの分かる女」への道のりは果てしなく遠いのでした。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« カレーなる29歳の幕開け | トップ | スリランカの車窓から »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たくみ)
2010-03-22 01:43:47
スリランカいってたんだ!いいね、ぼくも数年前にいったけど、バイクで移動して、電車には乗らなかったので、もったいないことしたな~と思ってます。天気も良くてよかったね~。おいしい紅茶も飲みたくなりました☆
Unknown (kabarin)
2010-07-05 20:01:51
>たくみくん

船便並み(友人いわく)の返信でごめん。
それと誕生日おめでとー!!

スリランカ、たくみくんから聞いてたのもあって興味もったんだよね~。
バイクとか車運転できる人は選択の幅があっていいよね。
私、徒歩か自転車しか選択肢ないし(笑)
あとはひたすら公共交通機関!!

いつか免許とるぞ!

コメントを投稿

カレーなるスリランカ」カテゴリの最新記事