洗濯機の分解クリーニング(札幌市)

洗濯機の構造から洗剤の使い方まで、洗浄作業1000台を越すプロのスタッフが、現場の視点から、いろいろな疑問を解決します。

洗濯機の乾燥機能について

2009-03-20 | 日記
乾燥機能の付いた洗濯機を最近良く見かけます。

とても便利な機能ですが、実際この機能を頻繁に使っている方は意外と少ないように感じます。

その理由は、

①電気代がかかる。

②乾燥時間がかかる。

③完全に乾燥しきらない。

などがあげられます。(ちなみに当社のみの情報です。)

実は、私も付いているのに使っていません。(完全に乾ききらないからです。)

便利かと思い、購入時は使おうと思っていたのですが・・・・

で、ここで、乾燥の仕組みをちょっと。

ほとんどの洗濯機は、洗濯槽に風を送るための管が付いていると思います。

ヒーターで暖められた温風が、その管を通って洗濯槽にいき乾燥させます。
(ちなみに温風じゃないものもあります。)

そして、気密性を高めるため、フタにはゴムパッキンが付いているはずです。(温風が逃げないように)

で、問題点が1つ浮かび上がります。

「湿度」です。

「洗濯機内を完全に乾かしてしまえば良いが、使い終わった後フタを閉めてしまうと、気密性の高さから、洗濯機内の湿度が高くなる。」

つまり、カビや雑菌が生えやすいということ!!

乾燥機能を使っている方も、使っていない方も、必ずフタは開けておくように心がけましょう。

札幌市の洗濯機クリーニングは、ケイアイ・ライフサポート






コメントを投稿