洗濯機の分解クリーニング(札幌市)

洗濯機の構造から洗剤の使い方まで、洗浄作業1000台を越すプロのスタッフが、現場の視点から、いろいろな疑問を解決します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

洗濯機内になぜカビが生えるのか??

2016-04-22 | 日記
皆さんは、洗濯物にわかめのような汚れが付いたことはないでしょうか?

これ、黒カビが付着した石けんカスや柔軟剤がはがれたものです。(カビだけじゃないですが)

全自動洗濯機は、底に水が溜まりやすい構造になっています。(つまり中は湿度が高いわけです。)

そこに、洗濯槽に付着した石けんカスやら他有機物なんかを栄養分にして、微生物やカビが発生します。

で、それが剥がれて、洗濯物に付くわけです。

白いシャツなんかに付いていると、すごく不愉快です。



では、対策はないのでしょうか?



実はたくさんあります。


いろいろ説明したいと思いますが、今回は最も重要なことを1つだけ。

「洗剤・石けんは必ず適量をきちんと溶かしてから投入する。」

これすごく重要です。残った石けん・洗剤は、カビや微生物の餌になります。

多く投入すれば、その分餌を入れているようなもの。

特に石けんカス(水中のカルシウムなどの硬度成分と石けんがくっついてできる垢みたいなもの)は水に溶け難く、洗濯槽に残りやすいです。

面倒な方は、液体洗剤を使うと良いですね。


札幌市での洗濯機クリーニングは、ケイアイ・ライフ・サポート






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌市で洗濯機クリーニング(2)

2016-04-14 | 日記
「洗濯槽がステンレスの方が汚れが・・・。」の件ですが、

実際どうかと言うと、写真の通りです。

「汚れが付かない。」ではなく、あくまで「付きづらい」です。

ステンレス槽のデメリットは、やはりパンチ穴でしょう

内側からは、洗濯物が引っかからないように穴を開けてありますが、

外側は、 [  ←こんな感じで凹凸が出来ます。

その凹凸に、ホコリ・衣類の繊維などが引っかかり、それがどんどん溜まっていきます。

そしてカビ・雑菌が繁殖して、臭いが出てきます。

ちなみに、メーカーのいうメリットはと言うと、

「プラスティック製より汚れが付着しづらい。」ですが、ステンレスという素材の利点であって、

構造上は、プラスティック製の洗濯槽からたいして進歩はしていないと感じます。

まあ、ステンレスの方がクリーニングしやすいのは大きな進歩ですが。

札幌市での洗濯機分解クリーニングは、ケイアイ・ライフサポート
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌市で洗濯機クリーニング(パート1)

2016-04-14 | 日記
ワセリンは分解され難く、よく洗濯槽の上部にべっとり付いています。

それが、ゴミやホコリを付着させ、また保湿効果もあり、カビや雑菌の温床になりやすいように思えます。

実際、ワセリンを気にされて洗濯機クリーニングをご依頼するお客様も多いです。

ここで注意なのですが、通常の洗濯洗剤(粉石鹸)ではワセリンは分解されません。

もちろん、多く入れても残念ながら落ちません

洗剤を通常よりも多く投入することは、逆にカビや雑菌を呼びます。

何にしても、洗剤(石鹸)の多量投入はマズイです。。

対策は、手の届く場所(特に洗濯槽上部:バランサーで影になっている所)については、洗濯毎に布(メリヤスなどで)で拭くと良いです。

これだけで全然違います。あとは分解クリーニング

びっくりするくらいキレイになります

札幌市での洗濯機の分解クリーニングでお悩みの方は、当社へご一報下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糸くずフィルターの掃除

2010-06-28 | 日記
暑いですね。

ワールドカップで寝不足の方も多いのではないでしょうか。

私も、サッカーが大好きなので、仮眠を取り、夢中になって応援しています。

さて、今回は、洗濯機の内側にある、糸くずフィルターのお話です。

糸くずフィルター部分は、洗濯機内の臭いの原因にもなり、雑菌が繁殖しやすい

場所ですから、こまめなお掃除が必要なところです。

皆さんは、何回くらいの洗濯で、掃除をしていますか。

2回~5回の洗濯で、掃除をされるのが一般に良いとされています。

では、掃除の方法ですが、うまく取れないという方は一つ試してみてください。

まず、フィルターを取り出したら、汚れを取らず、そのまま乾燥させます。

すると、ホコリ等がカピカピに乾き、固まったようになります。

あとは、手でフィルターから汚れを剥がしてみてください。

簡単にきれいになります。クシュクシュともんでもいいですね。

また、使い込んで穴が開いてしまった場合は、糸くずフィルターのみの販売も

しています。買うまでも無いという場合は、修理してみて下さい。

修理は、汚れをしっかり取って、プラスティック専用の接着剤や、ホットボンド

なんかで修理すると簡単です。自分では無理と思う方は、当社にお任せを。

洗濯機のお困り事は、ケイアイライフサポートへお任せ下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

洗濯機の引き取りサービス

2010-04-15 | 日記
お風呂場での洗浄とはいかがなものかと・・家族に指摘されたので一応説明してみます。

まず、当社では、作業前に、お風呂場を人の背丈(170cm位)まで、ビニールで養生していきます。

もちろん浴槽もしっかり養生していきます。

また、床にはゴムマットを敷いて、傷が付かないような工夫をしています。

作業が終わりましたら、排水口を掃除していきます。

当然のことですね。。当たり前のことを当たり前にしています。

ですから、汚れる心配は無いのです。。

それでも、心配なお客様には、引き取りサービスをするようにしています。

これ、HPには書かれていませんね。。

ここで軽く説明しますと、

分解は、お客様のお家で行います。

これは、汚れ具合を確認してもらうためです。

で、本体はそのままで、洗濯槽(内槽)やプロペラ部分やくず取り部分などを引き取り、洗浄して再度お届けするというようなサービスです。

確認しなくても良いというお客様の場合は、洗濯機ごと引き取る場合も有ります。

お客様の都合に合わせて、臨機応変に対応しています。

興味のある方は、お問い合わせ下さい。。

ただ、持ち込みはお受けしていません。洗濯機を捨てていかれるお客様がいるという前例があり、お断りしています。ご理解お願いします。。

洗濯機の分解クリーニングは、ケイアイ・ライフサポート
コメント
この記事をはてなブックマークに追加