9-CHANのNever Give Up !

ランをこよなく愛する高齢者が、大腸がんと肺がんを患いながらも、ジョギングを再開しフルマラソンの完走を夢見る様を綴る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

副作用あり。

2012-09-02 11:40:11 | 日記
3回目の抗がん剤治療3日目。

1日目は、夕食時さっそく「食欲不振・ムカつき」に見まわれた。便も緩くなった。
日頃便秘気味な便は、軟らか位がちょうど良い。しゃっくりも1・2回あった。
夜間、咳あり、気管支か胸かに息苦しさと痛みでる。

2日目、夜半3時頃「胸苦しさと鈍痛」で目覚めトイレに立つ、更に明け方6時前、
気管支?肺?に痛みと苦しさがあり、目覚める。
痛苦しいので、冷蔵庫から酸素水を出し飲む。冷えた水で、痛み消える。
脳が寝不足気味を訴えるので、再度ベットに入る。

今日は わかちゃん練習会主催のセプテンバー駅伝だった。
鴨川・出雲路橋の河川敷に55チームものメンバーと応援団が集まっての賑やかな
駅伝大会だ。所属する地元の走友会も5チーム参加するので、応援に出かけるつも
りだったが、これだけ寝坊したら無理だった。残念。
コメント (1)